お宅訪問の最近の記事

こんにちは、今回は東京北営業所 メンテナンス課からのご紹介です。

今回の修理内容は、当社のロングセラーコロニアルシリーズのサイドボード

(品番:HC6050NK)です。

依頼品は、やはり35年の長きにわたりご愛用いただいており、今回は修理箇所として
ガラス扉木枠の接着切れ、本体幕板部のキズ、抽斗取手金具破損などを承りました。

 

接着を要する扉は一旦預かっての修理対応をさせていただき、

他の修理は、お客様宅にて行う事に致しました。
 
200602.jpg
 
200601.jpg
 

お預かりしたガラス扉は修理工房で木枠を分解します。

接合部に付着した古い接着剤はヤスリで除去します。
 
200603.jpg
 

エポキシ系の強力な接着剤をはみ出さないよう丁寧に塗り込み、組直してハタガネ工具
で圧着、1日硬化させます。(接合部に段差や隙間ができないように慎重に組付けます)

後日固着しているのを確認して扉修理はこれで完了です。
200604.jpg
 

後日修理が完了した扉を持参して再訪問。 
先ずは現場で抽斗の取手金具の交換から始めます。

 

家具も他の工業製品と一緒で、年次改良、規格改定を実施しています。
この製品の取手金具も製造年度により、仕様が若干違います。

事前に品番や使用年月などの情報を頂いていたので、サイズの合うビスを
用意できました。


 
200606.jpg

本体の下部幕板に付いたキズの修理です。

何か物が当たって木部が凹み、塗装が剥がれてしまっています。

木の粉と接着剤を混ぜ合わせ、パテ埋めのように平滑整形したのち、
面相筆を使い補色を行います。

200607.jpg


 
取手金具の交換、傷の修理が完了しました。

ご覧のように傷痕は、ほとんど分からなくなりました。
200608.jpg
 

ガラス扉を取付て修理が完了しました!他の扉も緩みがないか点検して、

すべての作業が終了しました。

 
200609.jpg
 
 
200610.jpg

 扉に隙間が生じた時は、開閉時の衝撃で、ガラスが外れるようなことがあると
危険です
ので、早めの修理をお勧めいたします。

お預かり修理となりますが、きれいに組直し接着修理ができます。

ありがとうございました。

 

 

【今回の修理費用】

扉組直し \7,000

取手交換 \2,160(取手パーツ含む)

キズ補修 \4,200

出張費+お預かり費 \5,000×2回

合計    \23,360(税別)

-----------------------------------

以上、2020年6月現在価格となります。



こんにちは・・・・横浜営業所メンテナンス課です。

今回の修理は、新横浜ショールームへお問い合わせを頂きご対応した
サイドテーブル天板修理のご紹介です。

 

依頼内容は、購入されて5年程のサイドテーブル(品番:TU1752MK)に

誤って除光液をこぼしてしまい、塗膜が傷んでしまったというものです。

除光液とは、主にマニキュアを落とす際に使われる溶剤ですが、特定のプラスチック

を溶かすものもあり注意が必要です。

このテーブルも、多くの家具に使用されている [ウレタン樹脂塗装] を施しており、
石油を原料にした合成樹脂(プラスチックに属します)塗料なので、
塗面が溶けてしまったようです。
 
20040201.jpg
 

今回は出来うる限りのご要望にお応えしたく、敏速に、かつ低コストでの修理

方法で行う事に致しました。

その為、若干の溶け痕が残ってしまいますが、補修レベルでの対応で

お客様にご了承を頂きました。

なお、塗装関連の現地修理は作業環境や使用する道具など、限られた条件下で
完結させなければならない為スタッフは技術的にも高いレベルが要求されてくる

ものになります。

 
20040202.jpg



修理は主に※面相筆を使い補色しますが、作業は設置する部屋内で見る方向や
角度を注視しながら補色をしていきます。

(※日本画用の絵筆で眉毛 や鼻の輪郭など細い線を描くのに用い穂先の極めて細長い筆)

理由は木材は細胞構造上微細な凹凸や繊維の方向が有り、光が当たると反射が散乱し
見る角度や位置により色の濃淡、光沢感が異なって見えるのです。

そうした理由から、いかに違和感なく自然な感じに仕上げるかに注力するためです。






20040203.jpg

↑ポイントは一度に加色せず薄めに色を重ねるイメージで行います。

①木目の方向に沿って、濃淡部分のラインを利用しながら描いていきます。

②周辺と色調が取れたら、フラット剤を塗布して艶合わせを行います。

 
20040204.jpg


 

これですべての作業が完了です

所要時間、約30分ほどで終了しました。

今回の修理費用は以下の通りでした。

■修理工賃  ¥5,000

■出張費   ¥5,000

-------------------------------

合計     ¥10,000(税別)

2020年4月現在価格になります。


20040205.jpg 

今回は出来るだけ早く、訪問修理で対応させていただきました。

ありがとうございました。

これからもカリモク家具をご愛顧のほど宜しくお願い致します

こんにちは・・・・東京北営業所のメンテナンス課からの紹介です。
 

今回は、サイドボードの移動作業中に何かにぶつかって
傷がついてしまい、その部分の修理してほしいというご依頼でした。
 

傷の状態や対象品が大型家具という事で、お客様のお宅に訪問して
の補修修理を行う事にしました。

 

ご依頼品は、ドマーニシリーズのクイーンズライフコレクションの
サイドボードで品番が「HPQ607ME」になります。

191101.jpg

傷の状態は本体側面の突板がめくれ、剥がれてしまっています。

巾1センチ、長さ4センチぐらいありますので、目立っています。
 
191102.jpg
 
 

幸い、剥がれてしまった突板の破片は、お客様が保管されていましたので、
パズルのように貼り付け、足りない部分は木粉と接着材でパテ埋めします。

 
191103.jpg
 
 

パテ埋めした部分を平滑(ヤスリ等使用)にし、木目に合わせて色を付けていきます。

上手く色が木目調に付きました。最後にスプレー缶フラット剤(無色透明)を塗布し
艶を合わせて完成です。

 
191104.jpg
 
191105.jpg
 

破損部分の破片は、出来る限り取っていただいていると本当にありがたいです。

今回も、保管しておいていただけたので、きれいに復元する事ができました。

大変喜んでいただけました。
有難うございました。


■今回の修理費用は

側板傷補修修理 ¥5,60040分作業)

訪問出張費    ¥5,000

合計         10,600(税別)

【201911月現在価格になります。

 
191106.jpg

 



 

こんにちは、横浜営業所メンテナンス課です。
 

今回は、弊社のお客様相談室へ修理のご依頼を頂き、
お客様宅(現地)にて修理対応をさせていただきました内容のご紹介です。
 

今回の対象製品は、左右の引き戸にスリットデザインを配しスタイリッシュに仕上げた

テレビボード(品番:QU7087XR)です。主材はウォールナット材を使用しています。
 


19060301.jpg


 

破損内容は、下記画像のように天板部分に何かで引っかいたような傷が入っていて、
細かいものも含め数カ所に渡って付いてしまっている状態でした。
 

発生の原因は、テレビなどの家電をセッティング作業中に過って付けてしまったようです
 
19060302.jpg
 
 
19060303.jpg
                      
 
 
19060304.jpg

 
 

訪問修理の対応には、修理実務にとりかかる前準備というものがとても大事な
ものとなります。事前に出来うる限りの情報を収集しておき対応を検討します。

 

今回テレビは視聴できる状態でボードへ設置されているという事だった為、
ワンマンでの対応が困難であると想定。当社相談室へ修理依頼された家電業者様
に同行をお願いして2名体制で訪問する段取りを取りました。

 

テレビは50インチクラスの大型タイプで、とても1人では動かせそうに無いもので
無理をすると修理後あらたに傷を付けてしまう恐れがありましたが、作業人員を2名
体制にした事で支障なく作業が出来ました。
 
 

傷修理後は同行された家電業者様が再セッティングの作業を行い、同日内で無事
すべての作業を完了させる事が出来ました。
 

 19060305.jpg


 
19060306.jpg

修理・メンテナンスの対応は実務作業も大事ですが、敏速かつ丁寧に対処する為の
事前準備や段取りも非常に大切です。お客様の大切なお時間を有効に活用して完了
できるよう取り組ませていただきました。 貴重なお時間を頂きありがとうございました。
 

今回の修理費用は

天板傷補修修理¥10,800

出張費 ¥3,000

合計¥13,800(税別)

2019年6月現在価格になります


 

こんにちは、横浜営業所メンテナンス課です。

今回は、カリモク家具お客様相談室へのご依頼で、現地で「ウェービングベルト」を
交換した
修理のご紹介です。

 

対象の製品は、約40年程ご愛用されているセパレートタイプのリビングチェアです。

置きクッション仕様となっており、今回の修理箇所はシート下に配置されている
ウェービングベルトが経年劣化により伸びてしまったとの事です。
 

このままでは座った際にお尻が落ち込んでしまい座り心地が悪い為、修理して
元の座り心地に戻したいという事でした。
 
190601.jpg
  

 

現地へはカリモク「メンテナンスカー」で移動して、車内で修理作業を実施します。

190602.jpg
 

お客様からのお話で、ウェービングベルトの交換修理は今回が2回目という事で、
状態のお話や作業段取りなどにご理解を頂いていたので、現場ではスムーズに
対処が出来て大変有難かったです。
 
  

画像は前回修理したウェービングベルトです。かなり緩くなってしまっています。

190603.jpg

 

椅子のオリジナル仕様は「エラストフラム」という、厚さ約5ミリほどのゴムシートが
椅子の木枠に金具で引っ掛けてクッションを支えるものだったのですが、現在は
製造しておらず手配ができない為、修理対応はウェービングベルトを使い対応

します

 

早速メンテナンスカーの車内で張替え作業を行います。

ウェービングベルトは縦に5本、横に5本配置してエアタッカーで留めていきます。

190604.jpg
 

全てのベルトの引っ張り加減は均等にしなければならないので、引っ張りながら

タッカーを打つタイミングや留め位置などに気を使いながら作業していきます。

腕力も要しますので、結構体力を使います。

190605.jpg
 

布シートを取り付けてすべての修理が完了しました!

肘付椅子×2脚、右肘椅子×1脚、左肘椅子×1脚、肘無椅子×1脚の

合計5脚の修理でした。


 

今回の修理費用は

シートのウエビングベルト張替え

1脚¥6,200×5脚で¥31,000

出張費 ¥3,000

合計¥34,000(税別)

2019年6月現在価格になります


190607.jpg

メンテナンスカーの機能性を十分活用できた事で、現地での作業もスムーズに

出来ました。 エアータッカーでベルトを打ち込むときなどは、まあまあの騒音で

すので、お部屋で行うとこと考えるとお客様にもご負担をお掛けせずに修理できたと

思います。また以前は、横浜の弊社事業所までお預かりしての修理でしたので、

その面でもご不自由をお掛けする事なくでき、お客様にもご満足していただきました。

ありがとうございました。



 

こんにちは・・・今回は横浜営業所のメンテナンス課からの紹介です。

今回ご紹介する修理は、通常お預かりしての塗装修理になりますが、

お写真で確認させていただいた状況から判断し、お客様宅にお伺いして

補修修理をさせていただくこととなりました。

 

≪お使いの製品≫


190402.jpg
 

お客様がお使いの製品は、ドマーニブランドモーガントンシリーズの中で、

ヒッコリーブラウン色塗装仕上げのラッカー塗装仕上げのものになります。
 
190401.jpg
 


まだ、お届けして3ヶ月ぐらいとのことでした。

ダイニングテーブルの角のほうに、マニュキュアの除光液がこぼれて、雫状に数カ所

表面塗膜の剥がれが発生していました。

 190403.jpg

 

まず、やや粗いペーパーで取れた色の淵を削り、肌触りを滑らかに処置。
 
 

細かい(サンドペーパー)で調整後、スチールウール(ペーパー傷を消す)で

表面調整。

190404.jpg
 

主に筆を使って色を塗布していきますが、慎重に色の調整を行います。

木目方向に色を刺していきますが、ブックマッチ貼りの仕上がり天板のため

見る方向で色の濃さが変わるので、慎重に角度を変えて確認しながら色刺し

を行います。
着色は筆の他、エアゾール式塗料を使用し、仕上げはクリアーで艶合わせを

して修理は完了です。

 
190405.jpg
 
 

190407.jpg

*修理箇所はやや、艶が落ちましたが(お客様に説明済み)
全体としては、剥がれ痕がほとんど分からなくなりました。
約60分ほどゆっくり時間をかけて修理対応しました。

 
 

今回の修理費用は、

■作業費¥7800(税別)

■出張費¥3000(税別)になります。

20194月現在価格です。

 
190406.jpg

 


 

こんにちは・・・今回は横浜営業所のメンテナンス課からの紹介です。

今回ご紹介する修理は、ソファーの前下桟の角面に張地(合成皮革)の破れがあり、

ご相談をいただきました。

製品は、特定限定品の[W15モデル]の2人掛け椅子(大)のソファーです。
 
 

本革張りで一部合成皮革使いの製品です。破れが発生している部分は、座面の前下桟の

ほぼ中央のちょうど角面でした。約2年ぐらいお使いとのことで、いつ破れたのかは定かではなく

気が付かなかったとのことでした。お掃除のときに何かが当たったのか?

わからないとのことでした。

 
19020201.jpg 

 

通常、破れ修理には張替えが一般的ですが、シート下で角面位置でもあり、

裏側へ引っ張り込む事が出来そうでしたので、現地での修理を承りました。
 
 

ソファーをひっくり返して、底張りの不織布をはがして裏面を確認しました。

やはり、ちょうど角面なので十分引っ張りしろがありました。

一旦、一面のタッカー留めを外して合成皮革を均一に引っ張りこむようにします。
 
19020202.jpg
 
 

シート下の合成皮革を剥がし、前面から見て破れが見ないよう、引き込み破れが本体の
下部に来るように張り直しました。

シート前下の合成皮革を張り上げた後・・・傷を隠すように、底張り地(不織布)を
張り上げます。

19020203.jpg
  

椅子をセッティングして、正面から見ても張地の波打ちやシワがないことを確認を
して完了です。

 
19020204.jpg
 

 

19020205.jpg

今回のように、椅子類の底面角のなどの軽い破れであれば、裏面に引き込む
ことができる場合があります。張り替えたりするほどでもない場合は、
これで十分きれいになります。画像等を添えてご相談いただくことを
おすすめします。
 
 

今回の修理費用は、

■張り込み作業費¥3900(税別)

■出張費¥3000(税別)になります。

20192月現在価格です。

 

≪ご注意事項としまして≫
==================================================
お客様宅での訪問修理は、全国一律ではなく、特定エリア

のみ対象なります。大変申訳ございませんが、ご依頼に

つきましては、必ず事前のご相談をいただきますよう宜しく

お願いを申し上げます。
==================================================

 



こんにちは・・・今回は中部メンテナンス課からの紹介です。

今回ご紹介する修理は、浜松市北区の仏蘭西レストラン「連理」様です。

1、2階のすべてのフロアーには、カリモク「ドマーニ」ブランドの代表シリーズである

「モーガントン」「クイーンズライフ」「ルイ」の3シリーズのダイニングセットをご使用して

いただいていますが、その一部の椅子やテーブルの角面の塗膜はがれ等の修理の

ご依頼をいただきました。
 

お店は、浜松市街から車で30分足らずの場所でありながら

広大な土地にシンボルの「連理の木」と自家菜園を眺めることが

出来るまさに外国にでも来ているような素晴らしいカフェレストランです。

190201.jpg

190202.jpg
 

角面の軽い打ち傷などを修理していきます。
190203.jpg
 

面相筆で、木目方向に沿って木目柄や色の濃淡などに違和感が出ないよう

着色していきます。着色後、艶あわせの為エアゾール式のフラット剤を

塗布していきます。
 

190204.jpg
 

主に筆を使って色を塗布していきますが、お使い頂いている間に若干の色焼けや

微妙に変色している部分もあるので、慎重に色の調整を行います。

着色は筆の他、エアゾール式塗料を使用し、仕上げはクリアーで艶合わせを

して修理は完了です。

 
190205.jpg

全体に、傷は特別大きなものはなく、ご使用上どうしても発生してしまうものでしたが、
塗膜の軽いはがれが広がると水分の出入りが原因でひび割れを起こすことがあります。
今回のように早めのメンテナンスをさせていただくことは、非常に大切なことになります。
普段から、お店のしつらえ・雰囲気づくりとともにインテリアへのこだわりや、お客様により
心地よい空間を味わっていただくという信念を感じられ、私もやりがいのある仕事をさせて
いただいました。有難うございました。


 

≪ご注意事項としまして≫
==================================================
お客様宅での訪問修理は、全国一律ではなく、特定エリア

のみ対象なります。大変申訳ございませんが、ご依頼に

つきましては、必ず事前のご相談をいただきますよう宜しく

お願いを申し上げます。
==================================================





こんにちは・・・東京南営業所のメンテナンス課から紹介です。

今回ご紹介する修理は、フルターンの回転チェアで通称「ラウンドチェア」と呼ばれている椅子

の回転盤が動きにくく固くなったので、部品交換のご依頼をいただき、御客様宅で取替えを

させていただいた内容になります。

 

181201.jpg
 

まず椅子を脚ベースが見えるように、裏返しに倒します。
181202.jpg

回転盤は4本のボルトで取り付けています。

3番の+ドライバーを使ってボルトを外します。

ベースには、2カ所の取り外し孔が開けてありますので

2本外したら、ベースを90度回して4本とも外してください。

対角線上に順に外しますが、最後のボルトはベース脚を

しっかり押さえて外していきます。
 
 

脚が外れた本体の裏


181203.jpg

本体から外れた脚
181204.jpg
 

今度は、脚側の取り付けボルトを外します

181205.jpg


ボルトを4本外すと回転盤は外れます。

181206.jpg

 

ここで注意!

回転盤には表裏がありますので、取付けの時に注意が必要です。

画像の面は、本体側の裏面になります。


 181207.jpg

 

新しい回転盤を脚ベースに取り付けます。
181208.jpg
 


回転盤の付いた脚ベースを外したときの逆の手順で
本体に取りつけて完成です。



181209.jpg

15年ほどお使いいただいているとのことでしたが、非常に大切にご使用いただいて

いることが一目でわかりました。こうして部品交換をさせていただくことでいままで

同様にお使いいただけます。今回は、お伺いして短時間に完了できましたので、

より喜んでいただきました。有難うございました。

 

今回の修理費用は、回転盤取り換え修理1脚

■回転盤金具¥3400(税別)

■取替え¥1300(税別)

■出張費¥3000(税別)

回転盤金具の価格は、モデルによって違いが

ございますのでご注意ください。

201812月現在価格です。

 

≪ご注意事項としまして≫
==================================================
お客様宅での訪問修理は、全国一律ではなく、特定エリア

のみ対象なります。大変申訳ございませんが、ご依頼に

つきましては、必ず事前のご相談をいただきますよう宜しく

お願いを申し上げます。
==================================================



 






 

こんにちは、横浜営業所メンテナンス課です。

今回は、耐震ラッチ取り付け作業をご紹介を致します。
 

まず、耐震ラッチとは、地震の揺れによって食器棚や飾り棚などの扉が開いて

中のものが飛び出さないように、取り付ける[扉ロックをする器具]の事です。
 
181101.jpg
 

ご愛用の飾り棚は、ドマーニ・ブランドの「クイーンズライフシリーズ」で

品番がHPQ630MD というモデルで、英国家具の様式美を忠実に再現した

デザインに、ガラス面に施した金モールやアンティーク調の取手金具を用いた、

クオリティの高い一品です。

 181102.jpg
 

耐震ラッチは飾り棚本体側と扉側とに取り付ける2つのパーツが、それぞれしっかりと
機能するよう、取り付け位置をきちんと決めて作業を進めていきます。
 

飾り棚などのモデルによっては、ラッチの取付けが不可能な構造のタイプもありますが、
今回は、上置きガラス扉3枚に合わせてスペーサー用の板材を作成して取付けすることが
出来るタイプでした。
 

181104.jpg

さらに飾り棚のクオリティを保つよう、事前に同素材/色調の台座板や駒板を

準備してから、耐震ラッチを取付けに訪問させていただいました。
 
181103.jpg
 

扉側より、まずは①仮止めして位置加減などの確認をします。 

良好であれば②下穴加工を実施します。③完了です。
 
181105.jpg
 
 

正面からやや見えますが、同色同調材を使用しており目立ちません。

 181106.jpg
 

次に、

①受け(扉)と飾り棚本体に取り付けるラッチ本体のズレ確認を行います。

扉ラッチ受けが本体のラッチの真ん中に来るように調整をしていきます。 

②ラッチの取り付け位置が確定後、台座を取り付けます。
 
181107.bmp

 

③ラッチ取付け。

④飾り棚本体と扉とのかかり具合を確認。

 取り付けたすべての箇所のかかり具合を確認後無事終了しました。
 
181108.jpg
 
 
181109.jpg
 

取付精度を要求される作業でしたが、無事完了しました。

お客様より、これで安心して使えると喜びのお言葉もいただき

良かったです。

 
181110.jpg
 
 

■今回の修理費用

-----------------------------------------------------------------------

耐震ラッチ取付費用

取付工賃(パーツ代含む)   ¥15,000

出張費               ¥3,000

合計                ¥18,000円(税別)

------------------------------------------------------------------------

以上 201811月価格になります。

 

■カリモクの耐震研究

・耐震ロックは、いかなる場合でも完全なものではありません。地震の揺れ方向やボード
類の位置により、作動しない場合があります。

・また、大規模震災におきましては、建物が崩壊して家具だけが無事なことは残念ながら
ありえません。カリモクではそのような状況の中、人的被害を最小限に抑える事を最優先
にして耐震研究、試験を行っています。
詳しくは下記URLからご覧いただけます。

カリモクの耐震研究 

https://www.karimoku.co.jp/karimoku/more/more_taishin/index.html


 



 


 

2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク