サイドボード扉・キズ・取手交換修理など(お客様宅訪問)

こんにちは、今回は東京北営業所 メンテナンス課からのご紹介です。

今回の修理内容は、当社のロングセラーコロニアルシリーズのサイドボード

(品番:HC6050NK)です。

依頼品は、やはり35年の長きにわたりご愛用いただいており、今回は修理箇所として
ガラス扉木枠の接着切れ、本体幕板部のキズ、抽斗取手金具破損などを承りました。

 

接着を要する扉は一旦預かっての修理対応をさせていただき、

他の修理は、お客様宅にて行う事に致しました。
 
200602.jpg
 
200601.jpg
 

お預かりしたガラス扉は修理工房で木枠を分解します。

接合部に付着した古い接着剤はヤスリで除去します。
 
200603.jpg
 

エポキシ系の強力な接着剤をはみ出さないよう丁寧に塗り込み、組直してハタガネ工具
で圧着、1日硬化させます。(接合部に段差や隙間ができないように慎重に組付けます)

後日固着しているのを確認して扉修理はこれで完了です。
200604.jpg
 

後日修理が完了した扉を持参して再訪問。 
先ずは現場で抽斗の取手金具の交換から始めます。

 

家具も他の工業製品と一緒で、年次改良、規格改定を実施しています。
この製品の取手金具も製造年度により、仕様が若干違います。

事前に品番や使用年月などの情報を頂いていたので、サイズの合うビスを
用意できました。


 
200606.jpg

本体の下部幕板に付いたキズの修理です。

何か物が当たって木部が凹み、塗装が剥がれてしまっています。

木の粉と接着剤を混ぜ合わせ、パテ埋めのように平滑整形したのち、
面相筆を使い補色を行います。

200607.jpg


 
取手金具の交換、傷の修理が完了しました。

ご覧のように傷痕は、ほとんど分からなくなりました。
200608.jpg
 

ガラス扉を取付て修理が完了しました!他の扉も緩みがないか点検して、

すべての作業が終了しました。

 
200609.jpg
 
 
200610.jpg

 扉に隙間が生じた時は、開閉時の衝撃で、ガラスが外れるようなことがあると
危険です
ので、早めの修理をお勧めいたします。

お預かり修理となりますが、きれいに組直し接着修理ができます。

ありがとうございました。

 

 

【今回の修理費用】

扉組直し \7,000

取手交換 \2,160(取手パーツ含む)

キズ補修 \4,200

出張費+お預かり費 \5,000×2回

合計    \23,360(税別)

-----------------------------------

以上、2020年6月現在価格となります。



2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

リンク