インテリアブログの最近の記事

こんにちは、ドマーニ日本橋の冨田です。


毎年4月にイタリアで開催されている《ミラノデザインウィーク》、

視察に行って参りましたので、何回かに分けてご報告させていただきます。



IMG_9189.JPG


世界でも1・2を争う家具の展示会《ミラノデザインウィーク》、

ミラノ郊外にある広大なフィエラ会場で行われる〈ミラノサローネ〉と

同じ時期に市内の様々な場所で行われる〈フオーリサローネ〉を

総称して〈ミラノデザインウィーク〉と呼んでいます。


今年のカリモクは、会場と市内に合わせて5箇所出展していました。

今日は、その5箇所をご紹介します。



============KNS/フィエラ会場============


フィエラ会場では、昨年に続きKNS(カリモクニュースタンダード)を展開。

「未完成」「不完全」をテーマとしたブースは、

クリエイティブディレクターのダヴィット・グレットリ氏によるもの。

下地がむき出しの壁面など、きれいにつくることが当たり前の会場内では、

かえって人目を惹いていました。


IMG_0005.JPG



IMG_3365.JPG



IMG_3350.JPG



IMG_3369.JPG




==========KNS/フオーリ会場(ミラノ市内)==========


〈プライベートハウス〉と名付けられた、実際の邸宅を使った展示。

視察した日は天気にも恵まれ、庭にいてもテラスハウスにいても、

新緑やからっとした空気がとても心地よく感じました。


IMG_0330.JPG



IMG_0348.JPG



IMG_0339.JPG




=========KNS × SANWA/フォーリ会場(ミラノ市内)=========


キッチンメーカーのサンワカンパニーとKNSとのコラボレーション出展。

KNSらしい柔らかいラインとミニマム感が表現されています。


IMG_1062.JPG



IMG_1060.JPG



IMG_1064a.JPG




==========KUNST/フオーリ会場(ミラノ市内)==========


昨年までの黒をメインカラーに据えたスタイリングとはガラッと異なり

ドレープを寄せた優しいベージュのカーテンやカーペットを背景に

上品で穏やかな設えに・・・

プロトタイプのダイニングや本革・ヌバックなどの張地の

バリエーションも紹介していました。


IMG_0354.JPG



IMG_0355.JPG



IMG_0364.JPG




========PLAYSCAPE/フォーリ会場(ミラノ市内)========


デザイナーの小林幹也さんとのコラボレーションで実現した

庭や駐車場を使ったプレイスケープ(=公園)。

木材や布など家具に使われる素材を使用した遊具類は温かみを感じ

童心に帰って楽しまれる方が多くいらっしゃいました。


IMG_0308.JPG



IMG_0321a.JPG



IMG_0383a.JPG




まだまだご覧いただきたい画像がたくさんありますので

少しづつご紹介していきますね。

こんにちは、ドマーニ日本橋の冨田です。


梅雨の時期に入り、今日もシトシトと雨が降っています。

なかなか気分もすぐれませんが、

こんな爽やかなテーブルコーディネートで

少しでも気持ちよく過ごしたいですね。



IMG_2185.JPG



IMG_2171.JPG



===========今月のテーブルコーディネート===========


         テーマ:雨音を聞きながら幸せのティータイム


アフタヌーンティーは貴婦人たちの社交の場として、広範な分野の知識、

教養、センスが要求されて行われていました。

自宅でアフタヌーンティーは敷居が高い気がしますが、

ハイティーやティーパーティーは気軽に楽しめます。

私も自宅に友人を招いて楽しいハイティーパーティー。
グリーンとホワイトで梅雨のテーブルを爽やかな印象にしてみました。

季節の花、紫陽花とクレマチスを飾りシャンパンで乾杯!
至福のティータイムの始まりです。


                            ライフクリエイター 田部井幸子


==================================



IMG_2181.JPG

こんにちは、ドマーニ日本橋の冨田です。


昨年追加になり、好評いただいている生地《ヴェルゴラート》に、

合わせてお使いいただける《フォルゴランテ》が追加になります。


先日のSUMIKO HONDA新作発表会の際にも

エクセルライフコレクションのダイニングチェアに張り

展示いただきました。



IMG_2143.JPG


ヴェルゴラートと同じ糸を使っていますが、

織り方を変えることでまた違う表情に。



IMG_2142.JPG


ヴェルゴラートは地層をイメージしていますが

フォルゴランテは石をイメージしたブロック柄です。



IMG_2134.JPG


ダイニングチェアに張ってみましたが、

ブロック柄のサイズ感、伝わりますか?



190611.jpg


色はヴェルゴラートと同じ、4色ご用意しました。

使われている糸も共通なので、ソファを2トーン張りにしたり、

ソファをヴェルゴラート・ダイニングをフォルゴランテと張り分けしたりと、

融和性も高い新柄です。



IMG_2132-001.JPG


織物ならではの光沢感や、いくつもの色糸から出るミックス感が

奥深さを感じさせてくれますね。


実際に新柄としてお披露目させていただくのは7月下旬になりますが、

ヴェルゴラートと併せてぜひご覧ください。

お水で汚れが落ちる生地

こんにちは、ドマーニ日本橋の冨田です。


打合せでも使用するダイニングセットを新しくしました。


IMG_2146.JPG


フォルザコレクションのダイニングセット。

赤みの塗装に、爽やかなブルーが映えます。



IMG_2147.JPG


この生地はアクアクリーンといって、

軽い汚れならお水で落ちる、機能的なファブリックです。


スペイン製の生地ですが、今回は日本のプロダクトデザイナーである

小林幹也さんがデザインしたモノを張りました。


ちなみに小林幹也さんは、弊社でもHARUというシリーズを

デザインしています。



IMG_0033.JPG


こちらが、今回展示した〈HIKA〉。

色違いもあり、どれもナチュラルな色づかいで

合わせやすそうです。


この他にも、いくつかシリーズがあります。



IMG_0034.JPG


〈NOHARA〉



IMG_0035.JPG


〈JIU〉



IMG_0036.JPG


〈MACHI〉


サンプル帳には、それぞれイメージの元になったビジュアルが

添えてあり、ファブリックのデザインの面白さを伝えています。



IMG_0029.JPG


近くで見ると色々な色の粒が美しく、無地調ですが奥行を感じる生地です。

小さなお子様がいらっしゃったり、ペットを飼っていらっしゃるご家庭には

おススメしたいアクアクリーン、ぜひショールームでご覧くださいね。

こんにちは、ドマーニ日本橋の冨田です。


先日、東京ステーションギャラリーで

《RUT BRYK(ルート・ブリュック)~蝶の軌跡~》を見てきました。



IMG_9757.JPG


ルート・ブリュック、北欧がお好きな方はご存知かもしれませんが

フィンランドを代表するセラミック・アーティストです。

約180点もの作品が初来日とのこと。


館内の一部が写真撮影OKでしたので

少し雰囲気を・・・



IMG_E9791.JPG


「ライオンに化けたロバ」

ポスターやフライヤーにもなっている代表的な作品です。

この写真だとわかり辛いのですが、おなかにロバが隠れています。



IMG_E9785.JPG



IMG_E9786.JPG


「ボトル」 

2枚の陶板をつなげてあります。

ひょうたん型のボトルはカイフランクデザインのモノらしい。



IMG_E9779.JPG



IMG_9780.JPG


「ヴェネチアの宮殿」

釉薬の透明感や色合いと、下地の起伏などが相まって

どの作品も表情豊かです。



IMG_E9806.JPG


「母子」

どこか遠い目をした母はブリュック本人と言われています。



画家で蝶類の研究者でもあった父の影響で、

蝶の作品も多数残されています。

残念ながら撮影禁止だったのですが、

色鮮やかな蝶が設えられた壁面はとても美しく、

いつまでも眺めていられました。


また晩年はガラッと作風が変わり、

モザイクタイルを組み合せた大きなレリーフ作品も。

建築家が夢だったブリュックが、セラミックを使って建築に

関わっていくことも、何か不思議な感じですね。

いつかヘルシンキの市庁舎などに設置されている作品を

見ることが出来ればいいな、と思います。

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別の記事