インテリアブログの最近の記事

こんにちは、ドマーニ日本橋の冨田です。


先週のJAPANTEXに続き、今週もインテリアのイベント

IFFTインテリアライフスタイル展》が行われました。



================



今年のカリモクは、2つのブランドを出展しています。


IMG_2845.JPG


一つ目は、KNS(ケイエヌエス)。

エレファントソファのシェーズロングタイプ

新商品の丸いスツールはキャスター付とのこと。



IMG_2844.JPG



IMG_2847.JPG



IMG_2849.JPG



IMG_2852.JPG


今年のミラノサローネでお披露目されたプロトタイプのテーブルや

円盤型のペンダント照明など、オフィスやホームユースでも

お使いいただけそうなアイテムが並びます。



================



続いて、カリモク60(ロクマル)。



IMG_2855.JPG


入り口には代表的なモデルを展示。右から、

Kチェア(1962年~、ロクマルといえばこのモデルですね)、

ロビーチェア(1968年~、重厚感を求め張ぐるみの椅子を開発)、

フレームチェア(Kチェアの開発前に輸出用として生産、2011年に復刻されました)、

Dチェア(1969年~、LD兼用チェアとして開発)



IMG_2861.JPG



IMG_2856.JPG



IMG_2858.JPG


木部に鮮やかなカラーが加わりました。



IMG_2857.JPG


こちらはテキスタイルデザイナーYURI HIMUROさんとのコラボレートモデル

背裏の生地は、ご自身でハサミでカットすることで中の柄を見せるといった

オリジナリティ溢れる生地です。(芝刈りのイラストが刺繍されています!)



IMG_2860.JPG


Kチェアといえば、クルミボタン!

クルミボタンをつくるワークショップも行われていました。



IMG_2862.JPG


カタログなどのアーカイブ。


ここまでしっかりとロクマルの世界観を出して展示したのは、17年ぶりとのこと。

日中はブース内に入れないほど多くの方で賑わっていたそうです。

お立ち寄りいただいたみなさま、ありがとうございました。



===============



ファブリックスのブランドも出展されていたので少しご紹介します。



こちらは今年200周年の、スイスのブランドクリスチャンフィッシュバッハ

コーディネーターの荒井詩万さんがプロデュースしています。


IMG_2827.JPG


家具や照明は、オランダのブランドmoooi(モーイ)のもの。

ドラマティックな設えに、引き込まれました。

細かなモノにもこだわっているのが伝わってきます。

こちらは、夜の饗宴のシーンだとのこと。



IMG_2834.JPG


そのお隣には、爽やかな朝のシーン。

このラグはフィスバのものですが、色はもちろん、糸の種類や毛足の長さなどを

デザインに合わせて調整されていて、とても好みでした。



IMG_2835.JPG


そして、一番奥にデイタイムのシーン。

こちらはペットボトルからリサイクルされたBENU(ビニュー)コレクションが

展示されていました。

このBENUコレクション、なんと10周年とのこと。

今では多く見かけるリサイクル商材の、先駆けですね。



===============



デザイナーズギルド


IMG_2824.JPG



IMG_2825.JPG



===============



ドイツのZIMMER+ROHDE(チマー&ロード)。


IMG_2822.JPG



IMG_2820.JPG


新作の椅子張地を沢山見せていただきました。



===============



NEED'KZ(ニーディック)。


IMG_2805.JPG



IMG_2807.JPG



===============



川島織物セルコン

先週のジャパンテックスでは、スミコホンダブランドを展開していましたが

今週はガラッと変わり、ROUGHブランドを出展されていました。



IMG_2871.JPG



IMG_2875.JPG


中央に置かれたレコードジャケット(のようなモノ)。

こちらは、このROUGHで30のスタイルを提案されていますが

表面にそれぞれのイメージ写真、裏面にはそのイメージに合う

おススメファブリックが表記されていました。楽しい!



IMG_2876.JPG


こちらは、カーテンの柄をそのままデザインしたエコカラット(タイル)。

楽しい!



IMG_2872.JPG


VPコーナーが設けられていましたが、こちらには冒頭ご紹介した

KNSの家具を使っていただいています。

こんなにかわいい空間にも合ってしまうんだなぁ・・・と新たな発見でした。



何だか、取り留めもなく書き綴ってしまい長くなりましたが、

先週のジャパンテックス(NIF日本ファブリックス教会)、

そして今週のIFFT(日本国際家具産業振興会)と、

それぞれ主催が異なるので同じインテリアのイベントでも、

ずいぶん雰囲気や来場されている方が違うのに気づきます。

再来年はぜひ、同時期に開催していただけると、より多くの方に

ご覧いただけるのではないかな!?と思うのですが・・・難しいかな?

JAPANTEX2019

こんにちは、ドマーニ日本橋の冨田です。


ファブリックスの祭典《JAPANTEX2019》、

今年は、新しくできたビックサイトの南館で行われました。


時間があまりなく駆け足の見学だったのですが、少しだけご紹介します。


毎年楽しみにしているWINDOWS PARADISEのコーナー。

インテリアコーディネーターと窓装飾プランナーのWライセンスの3人が

それぞれシニア世代をターゲットにつくられた空間です。



IMG_4611.JPG


こちらは、山口県の佐々木さんの《四季の移ろい 四季の彩り》。

古民家をリノベーションし、シニア世代のご夫婦お二人でくつろぐ空間とのこと。

カリモクのクンストを展示いただいています。

ご夫婦で、それぞれ心地よく過ごせるアームチェアが

セッティングされていました。



IMG_4607.JPG


天蓋やスカーフで、布の柔らかさを存分に感じます。




IMG_4614.JPG


こちらは、石田さんの《アクティブシニアの旅》。

アジアへの探求の旅がテーマ、エクレクティックなインテリアで

アジアンリゾートを表現されています。



IMG_4615.JPG


壁面はデジタルプリントの壁紙でダイナミックなデザイン。



IMG_4622.JPG


カーテンの縫製も、とーっても凝ってる!

モノトーンな色づかいですが、モダン過ぎずに居心地も良さそうですね。




IMG_4624.JPG


こちらは、河西さんの《AS TIME GOES BY》。

自宅をカルチャー教室として使用しているシチュエーションを

表現されているそうです。

こちらにも、カリモクのダイニングをお使いいただきました。



IMG_4629.JPG


シェードは何層にも重なっていて、奥行を感じるデザインですね。




テシードさんのブース。

イギリスのCOLE & SON(コールアンドサン)の壁紙を

色々と見せていただきました。


IMG_4635.JPG



フォルナセッティがデザインしたお魚モチーフ。

背景が海の色(ブルー)もありましたが、ブラックな背景に

魚たちが泳いでいるのが印象的です。



IMG_4636.JPG


こちらもフォルナセッティ。

オレンジの壁紙にオレンジジュースをコーディネート。

すごくフレッシュですね。




IMG_4644.JPG


こちらは、張地でお世話になっている川島織物セルコンさん。

スミコホンダブランドを展示されていました。



IMG_4645.JPG


壁面に飾られたパネルもきれいでした。




駆け足過ぎて見ることが出来なかったものも沢山あったようで、

行かれた方のFBやBLOGを拝見して、振り返ったりしています。



最後に・・・

今年で10年目を迎える、ジャパンテックスオフ会、

インテリア好きな方たちが全国から集まり、交流を深める会です。

今年も色々な方とお話しできて、楽しかった!

(幹事役だったのですが、それを忘れて純粋に楽しんでしまいました・・・)


2019-11-14_6551.JPG


↑ どこかに写っています・・・笑

こんにちは、ドマーニ日本橋の冨田です。


川島織物セルコンのファブリックブランド「Sumiko Honda」を手がける

テキスタイルデザイナーの本田純子さんが紡ぎだす美しい布たち。

ドマーニでも、椅子張生地でお世話になっていますが

そんな本田純子さんの世界を堪能できる企画展を拝見してきました。



IMG_2620.JPG



IMG_2619.JPG


ジャガードで織られた、エレガントで上質な生地。

自然や四季からインスピレーションを受けデザインされています。



IMG_2627.JPG


こんな風にカラー別に掛けられています。

この微妙なニュアンスカラー、本当に美しいです。



IMG_2614.JPG



IMG_2616.JPG


ドマーニのチェアも展示いただきました。

一緒に展示されていたスタンドライト、

こちらは雲柄のアエローソで出来ているのですが

LEDランプが雲の隙間から見えるお日様のように見えて

穏やかな気持ちになりました。


このほか、来年お披露目予定のデザインなども

少し拝見できました。

会場はドマーニ日本橋からもほど近い場所ですので、ぜひ!


=========================


     《Sumiko Honda展 Textie その布の今》

■会期
2019年10月31日(木)~2019年11月19日(火)

■会場
LIXIL:GINZA 1階 レセプションスペース
(東京都中央区京橋3-6-18)

■開館時間
10:00am-6:00pm

■休館日:水曜日

■入館料:無料

押し花アート展開催中です

IMG_2602.JPG



この時期、みなさん楽しみにしてくださっている

《庄村昌子の押し花アート展》、今年も開催しています。



IMG_2609.JPG



IMG_2611.JPG



IMG_2612.JPG



IMG_2600.JPG



IMG_2605.JPG



IMG_2606.JPG



IMG_2604.JPG



押し花アート展は、今週末10日(日)まで。

ぜひ美しい作品たちをご覧くださいね。


押し花フォトコンテストも開催中です!



20191108121220-0001.jpg

こんにちは、ドマーニ日本橋の冨田です。


毎月2回行われている、フラワーアレンジメントレッスン、

前回のレッスンの様子と、次回の内容のご紹介をします。


前回のレッスン、まずは小麦のパニエから。



a0252678_07211824.jpg



a0252678_07245053.jpg


丁寧に、穂が揃うように組んでいきます。

小麦のパニエ、2回目だそうですがとてもきれいなスパイラルですね。



a0252678_07235279.jpg




もうお一方は、投げ入れ。

ご自宅でお持ちのサイズに近い花器を選んで活けます。



a0252678_07220108.jpg



a0252678_07222315.jpg


花器の形と枝振りを活かし、

きれいに活け込みされていますね。



==================



10月のレッスンのご案内です。

フラワーアレンジメントは、初めての方でも

どなたでもご参加いただけます。


10月はハロウィーンを意識した色合いの

アレンジメントを行います。



①ハロウィーンブーケアレンジメント  ¥10,000



a0252678_01312174.jpg



こちらは、一体型のアレンジメントに見えますが、
実は下の器にはグリーンを巻いて、上の部分はブーケになっています
器の部分もお作りいただきます。



a0252678_01321249.jpg


グリーンの器を作ったら、組んだブーケを入れていただきますと、

一体型のアレンジメントに見えます。




②ハロウィーンバスケットアレンジメント   ¥10,900



a0252678_17451417.jpg



2種類の使い方ができるバスケットアレンジメントもお選びいただけます。
縦の線を活かして編みあがった素材をそのままにすることもできますし
上の部分をまとめて留めることもできます。



a0252678_17452297.jpg



お申し込みの際は、ブーケかバスケットアレンジメントかご指定ください。
花材は、当日一番良いものからお選びいたしますので、
写真は参考で全く同じでない場合がございますことをご了承ください。

日時:10月24日13:30-15:00
場所:ドマーニ日本橋  
お申込み締切り:10月20日(日)

お申し込み、お問い合わせは
またはドマーニ日本橋までお願いいたします。
みなさまのご参加、お待ちいたしております。

2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別の記事