インテリアブログの最近の記事

ヒンメリってご存知ですか?

こんにちは、ドマーニ日本橋の冨田です。


みなさん"ヒンメリ"ってご存知ですか?

フィンランドの伝統的な装飾品で、"光のモビール"とも呼ばれています。

古くから太陽祭や誕生祭のときなどに用いられていました。

現在ではクリスマスの装飾品などにも使われ

"幸運のお守り"とされています。



domani2.jpg


そんな"ヒンメリ"をつくるワークショップを行います。

本来は麦わらでつくりますが、今回はストローでつくりますので

初心者の方でも簡単におつくりいただけるかと思います。



domani3.jpg



============================


      ◆■◆ 光のモビール"ヒンメリ"をつくろう◆■◆


 日時:12月15日(土) 午後2時~4時

 講師:サカモトケイコbeads cafe主宰)

 参加費:2,800円(税込)


 光のモビールと呼ばれる"ヒンメリ"をつくります。

 基本の正8面体をつくった後は、インテリアに合わせたアレンジも。

 お好きな色のウールのタッセルプレゼント!


============================



IMG_1429A.JPG


オーナメントと一緒に飾ってクリスマス仕様に。

ナチュラルなイメージのヒンメリですが、モダンな空間にもピッタリですね。



IMG_1439.JPG


普段ハンドメイドをされない方や、男性の方にもおススメです。

みなさまのご参加、お待ちしております。

犬ぞりのような椅子

こんにちは、ドマーニ日本橋です。


日本橋と銀座の間に京橋があります。

以前は古い建物も多く、どこか懐かしさを感じるエリアでしたが、

再開発地域として、いまはすっかりと新しいビルが立ち並ぶ

オトナな街に生まれ変わりました。


そんな京橋の、エドグランという建物の中に

お目当てのショップはありました。


デザイナーのマイクさんと

グラフィックを担当している奥様の友理さんによるポスタルコ。

革小物やステイショナリーなどを扱うショップです。



IMG_7722.JPG


長く使うことで味わいが出てくる革などの素材を使ってつくられています。

そんなポスタルコの店内に、こんな椅子がありました。


IMG_7708.JPG


モーグルスキーチェアと名付けられたラウンジチェアーで、

マイクさんがデザインし、カリモクで生産しています。



IMG_7723.JPG


横から見ると、こんな感じ。

犬ぞりをイメージしてデザインされたそうです。

コンパクトながら座り心地もバッチリでした。



IMG_7721.JPG


ショップには、アンバー・ダーウェンさんの段ボール作品が。

犬のマスク!?もその一つとのこと。



IMG_7720.JPG


クリスマスツリーにもダンボールでつくった飾りが・・・

素朴でかわいい!


このモーグルスキーチェアは受注生産品とのこと。

12月25日が最終受付だそうなので、ご興味ある方はぜひ京橋までどうぞ。



IMG_7724.JPG


あ、マイクさんデザインの照明も

ショップの雰囲気にマッチしていて、とっても素敵でしたよー!

ランプ&ラグフェアのご案内

こんにちは、ドマーニ日本橋の冨田です。



日本橋ランラグ2018DMハガキ01-002.jpg


今年も《ランプ&ラグフェア》を開催します。


フェア期間中は、テーブルランプやフロアランプを合わせて100台以上展示。

また、上質な光沢感と肌触りのドマーニオリジナルラグ

「レイストリング」もご紹介いたします。


そして、こちらも楽しみにしてくださっている方も多い

カルチャーレッスンの講師や生徒による

クリスマス作品展も同時開催いたします。


ぜひこの機会にご来館ください。


===========================


◆会期:12月1日(土)~25日(火)
◆時間:AM10:00~PM6:00
◆場所:ドマーニ日本橋 館内


===========================


フェアの様子は、スタッフブログでもご紹介していきますので

お楽しみに!

JAPANTEX2018

こんにちは、ドマーニ日本橋の冨田です。


先週に続き、

今週もJAPANTEXのため東京国際展示場に行ってきました。


JAPANTEXはウィンドートリートメント、ウォールカバリングなどの

インテリアファブリックスを中心に、スタイルの提案や、

最新のトレンドを発信するインテリアの展示会です。


展示は各企業華やかで見応えがありましたが

まずはカリモクとドマーニの商品を展示いただいたブースの

ご紹介をしたいと思います。



まずは、川島織物セルコンさん。


IMG_7637.JPG



IMG_7636.JPG


スミコホンダブランドの椅子張地"ヴェルゴラート"を張ったソファは

ドマーニのもの。

シンプルなデザインにジャガード織の表情が映えますね。

カーテンもクッションもスミコホンダのものです。



こちらはWINDOWS PARADISE

インテリア産業協会と日本インテリアファブリックス協会が企画しています。


IMG_7652.JPG



IMG_7654.JPG


"静寂と機能のミックスルーム"と名付けられたブース、

オリエンタルテイストな雰囲気の部屋にはカリモクブランドのアームチェアーを。

窓回りなどたくさんの仕掛けがあり、とても参考になりました。



最後は、昨年からお手伝いをしているDECOON

今年はブースの中にカフェをつくりました。


IMG_1271.JPG


中央から右がボタニカル、左が北欧とテーマを分けています。



IMG_1272.JPG



IMG_1276.JPG


ボタニカル側。

ボタニカルカフェをつくりました。

多くの方が写真に収めていかれた天蓋・壁紙そしてスワン電気のランプ。

何故だかとても落ち着き、居心地が良かった!



IMG_1318.JPG


北欧側。

ナチュラルな空間に、北欧感満載のファブリックたち。

雰囲気が一変しますね。



IMG_1302.JPG


デザイナーがデンマーク出身ということで、

KUNSTも北欧側に展示していただきました。

同じデンマークの照明"ルイス・ポールセン"の"スィルク"も一緒に。

モダンなイメージのKUNSTも、ナチュラルなイメージに。



IMG_1310.JPG



IMG_1290.JPG


たくさんの気付きを与えてくれたJAPANTEX、

お世話になりました皆さま、ありがとうございました!

IFFT interiorlifestyle living 2018

こんにちは、ドマーニ日本橋の冨田です。


IFFT interiorlifestyle living 2018 とは

毎年11月に行われる、

インテリアデザイン市場のための国際見本市で、

今年は15か国、420社以上が出展しています。



IMG_7515.JPG


今年のカリモクのブースは、こんな感じ。

壁面も極力少なくし、とってもシンプルな造作でした。


空間デザインと家具の一体感を目指し、

社外デザイナーとの共同企画を進めており、

すでに発表されているKNSやKUNST・HARUに加え

新たなプロジェクトもプロトタイプでご紹介しています。



IMG_7519.JPG


まずはKARIMOKU NEW STANDARD

4月のミラノサローネで発表され、高い評価を受けた新作をはじめ

人気のエレファントソファなどもご紹介しています。



IMG_7558.JPG



IMG_7520.JPG


来年で10年目を迎えるKARIMOKU NEW STANDARD。

イメージを刷新・・・ということで、ロゴも変わりました。

アルファベットを縦に並べることで、日本の企業として意識してもらう

意図があるそうです。



IMG_7525.JPG


昨年のIFFTで発表され話題になった、イノダ+スバイエデザインのKUNST

今年は参考で革張りをご覧いただきました。

デンマーク・ソレンセンの最高級レザーは、

KUNSTの有機的なラインを崩すことなく、しっとりと張り上がっていました。



IMG_7527.JPG


小林幹也氏デザインのHARU

こちらもご参考で、クヴァドラの生地(SKYE)を張っています。

メランジュの表情が、ピンクの色合いを新鮮に見せています。




IMG_7532.JPG


こちらは新しいプロジェクトのMAS Family

国内外で家具やプロダクトデザインを手掛けられる

熊野亘氏デザインです。

(全てプロトタイプとなります。)


日本産のヒノキを使用した軽量家具となっており、

お酒を飲む枡に使われている伝統的な組継ぎをポイントに

シンプルで潔さを感じるデザインです。




IMG_7531.JPG


デンマーク・コペンハーゲンを拠点に活動するデザインスタジオ

ノーム・アーキテツクによる新プロジェクト(こちらも全てプロトデザインです)。

最近よく耳にするHYGGE(ヒュッゲ・・・ほっとくつろげる時間)という考えに基づき

見た目だけでなく本質的な心地よさを追求しています。



IMG_7572.JPG


日本の寺院や神社からインスプレーションを受けたデザインは

背もたれに続くアームや大理石のテーブルトップが新鮮です。



IMG_7534.JPG




こんなところにも、KNSが展示されていました。

アトリウムの特別企画展示「はじまりの仕事展」。


IMG_7535a.JPG



IMG_7536.JPG


いくつかキーワード別に展示されていましたが

KNSはサスティナブルをテーマにしたゾーンに。

理由は上の写真の通りです。



IMG_7538.JPG




最後に、石巻工房 by karimoku

「メイド・イン・ローカル」を掲げ、家具メーカーのカリモクが、

石巻工房の背景とコンセプトを尊重しながら、

新しい家具づくりに挑むプロジェクトです。


IMG_7578.JPG


芦沢啓冶氏によるデザインのテーブルやベンチ。

荒廃していく里山の木を活用することで、

人と自然の理想的な共生の在り方を見直すきっかけにもなっているそうです。



IMG_7579.JPG



今年のカリモクは、新たな試みや進行中のプロジェクトをご紹介していたため

プロトタイプが多かったのですが、

ご覧いただいた皆さまには新鮮に捉えていただいたようです。

お立ち寄りいただいた皆さま、ご意見をいただいた皆さま、

ありがとうございました。

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別の記事