モリスの生地をみつめる

こんにちは、ドマーニ日本橋です。



IMG_9625.JPG


イベントでご紹介するウィリアムモリスのコーナー。

生地サンプルを眺めながらスタイリング計画しています。

昨年発表されたピュアモリスの壁紙やカーテンに

従来のモリス生地の椅子タチ。

どんな雰囲気になるか楽しみ・・・

こんにちは、ドマーニ日本橋です。



今日は東京ドームで開催中の

『テーブルウエアフェスティバル~暮らしを彩る器展~』を見学してきました。

今年で25回目の開催だそうです。


まずは今年のテーマの北欧ブースから。



DSC02381.JPG


告知物に使われている写真のテーブルコーディネート。

スウェーデンの「グスタフスベリ」のもの。

リサラーソンのライオンがちょこんと・・・・かわいい。



DSC02392.JPG


フィンランドの「イッタラ」。

グレーにイエローの色合わせは定番ですね。



DSC02406.JPG


こちらはフィンランドの「ペンティック」。

陶器のやさしい色合いと温もりを感じる質感が特徴です。



DSC02430.JPG


スウェーデンの「コスタボダ」。

色使いが北欧!ですね。


途中、動くムーミンにも出会いましたよ。



続いては、各界著名人のブース。



DSC02458.JPG


女優の余貴美子さんのテーブル。

植物の薫りを感じながらの食事とお酒がテーマだとのこと。



DSC02463.JPG


こちらは同じく女優で歌手の原田知世さん。

ハンドメイドの白い食器と焼きたてパンが主役です。



DSC02488.JPG


黒柳徹子さんとビーズ刺繍デザイナーの田川啓二さんお二人のテーブル。

テーブルの上も、壁面の額も・・・



DSC02486.JPG


そしてドレスも、椅子の張地にもビーズ刺繍が施されているんです。

とっても繊細で、もちろん美しい・・・

食器類もヴィンテージのものが使われており、とにかく華やかな空間でした。



続いて食空間コンテストのコーディネート部門。



DSC02508.JPG


ドマーニ日本橋でお世話になっている大場絵美子さんの作品。

なんと優秀賞を受賞されていました。

「新穀の祝い」というタイトルです。



DSC02532.JPG


もうひとつ、コンテストから。

「博士の愛したディナー」というタイトルの大賞受賞作品。

分子構造式をイメージした六角形と赤・白・グレーの色使い、

おもしろいな、と思います。



DSC02548.JPG


こちらは大倉陶園さんのブース。

フランクミュラー社がデザインした家具やテーブルウエアで

コーディネートされています。


よーく見ると、時計の文字盤に使われているビスク数字が

テーブルの脚やラグ・ナプキンなど色々なものにあしらわれています。



DSC02563.JPG


もちろん食器にも!

グレーのリム部分に金蝕という手法で描かれていました。



DSC02661.JPG


大好きなフランスの「ジアン」。

今年は和食器のような雰囲気のビヴォアンブルーという

シリーズを展示していました。



DSC02684.JPG


こちらは日本の「スガハラ」。

ガラス製品なのに温かみを感じるコーディネート。

手づくりだからでしょうか。



まだまだ多くのテーブルウエアが

様々な形でコーディネートされていました。

ぜひショールームのスタイリングの参考に

させていただこうと思います。

モダンにも和にも・・・

こんにちは、ドマーニ日本橋です。



今日は昨年から展示しご好評いただいている

椅子張生地のご紹介です。



DSC02327.JPG


フォルザコレクションに合わせて張ったこの生地は

マナテックス(マナトレーディング)のもの。



DSC02329.JPG


黒糸にラメ糸を合わせた、かっこいい生地です。

地の糸に光沢があり、キラキラときれいです。

モダンな雰囲気ですが、和の空間にも似合いそうですよ。



そしてこの生地、インテリアコーディネーターの方たちに必ず

「どこかで見たことがある。」とか「あー、あの見本帳の。」と言われます。



DSC02331.JPG


実はマナテックスの見本帳に使われている生地と同じなんです。

(組成などは変えてあるそうです)



170125.jpg


もちろん色違いもあります。



そしてこの椅子、もともとはモーガントンコレクションのものですが

塗装をフォルザと同じく仕上げた特注品です。



DSC02328.JPG


軽いダイニングチェアをお探しの方にお勧めしたい椅子。

こういったことも出来ますので、なにかお探しの方は

ぜひ一度ご相談くださいね。お待ちしています。

こんにちは、ドマーニ日本橋です。



今日は、新規に取扱いをスタートした

オランダのテキスタイルブランド「KONINCK'(コーニンク)」

の椅子張地のご紹介です。



DSC02355.JPG


ヒトメボレしたこの生地「PERMONT」は

一見するとどのように織られているかわからないような

奥行き感のあるモノ。



DSC02356-001.JPG


やさしい色合いを選び、オーブコレクションの椅子に張りました。



DSC02357.JPG


アップで見ると・・・

ラメ糸とカットベルベッドで構成された複雑な織りは

上品且つゴージャスです。

コーニック.jpg

お色も7色からお選びいただけます。


オランダ発の新しいテキスタイルブランド「コーニンク」。

ぜひご覧くださいね。お待ちしています。

新春をイメージさせるモノ

こんにちは、ドマーニ日本橋です。



年末に、盆栽オブジェとキャレモジの書の作品の

入れ替えがありました。



DSC02338.JPG



DSC02340.JPG


京都の作家、松崎さんの盆栽オブジェ。

松や梅など初春にぴったりのモノをお持ちくださいました。

はじめてご覧になる方は本物と間違われるくらい

精巧に出来ています。



DSC02343.JPG


そしてキャレモジさんの書。



DSC02344.JPG



DSC02348.JPG


酉年に合わせて「翼」などいいですね。

通年展示をさせていただいていますが、墨を使った作品は

新年のイメージがあり今の季節にぴったり。


家具と合わせてぜひご覧くださいね。

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28