カリモク家具

大人デスクstyle

デスク ボナシェルタ > / デスクチェア セイルチェア > / マルチラック SS0429 >

テレワーク実践ユーザーの投稿写真をご紹介

企業の働き改革で、テレワーク・在宅勤務も定着しつつあります。テレワークを導入し始めた頃は、自宅のダイニングテーブルを使って仕事をする方も多くいらっしゃいましたが、いざ実践してみると、「オフィスのようにしっかりしたデスクやデスクチェアがなく、集中できない・肩や腰が痛くなった」「仕事中に子供が話しかけてくる」「個室じゃないとオンライン会議に困る」など様々な問題が聞こえ始めました。この頃から、自宅でのワークスペース環境を整える人が増えたように思います。

そこで、実際にテレワーク・在宅勤務を実践している方を対象にワークスペースの写真をご投稿頂きました。実際のワークスペースのお写真とそのコメントの一部をご紹介いたします。

「デスク」と「個室」で満足感アップ。

テレワークをし始めた当初は、ダイニングテーブルを利用していたが集中することが難しく、デスクを購入したという声も多く頂きました。デスクを購入する事でワークスペースが生まれ、オフィスで仕事をする環境に近くなり、結果、集中力が高まり満足感が増しているようです。ワークスペースが、書斎のような個室であれば、生活音もシャットアウトができ、リモート会議の際も落ち着いてできるというメリットもあります。

デスクを用意する事で、収納スペースも確保できます。見た目はスッキリさせて、余計なモノは極力しまっておきたい方には、デスク下に収納できてモノが隠せるデスクワゴンがおすすめです。収納場所が明確で、モノがすぐ取り出せるほうが仕事の効率が上がって良いと思われる方はオープン書棚がおすすめです。

▲同じデスクを2台横並びにて、作業スペースを広く確保しながら、見た目もシンプルでスッキリ設置。
デスク スパイオユニット >
▲デスク横に書棚をセット。資料がすぐ取れる位置にあるから、天板にモノがあふれる事なく快適なテレワーク環境に。
デスク ボナシェルタ >
▲デスクとデスクワゴンを横置きしたシンプルなスタイル。専用の個室があると落ち着いて作業ができベストとの事。
デスク ボナシェルタ >
▲低学年でまだまだ使用頻度が低いお子様の学習机を利用している方も多くいらっしゃいました。
デスク ボナシェルタ >

意外に多い「寝室」のワークスペース

ワークスペースを考える方は、まず“個室=書斎”を思い描くかもしれませんが、現実問題、書斎スペースをつくれない環境もきっと多いはず。書斎スペースが作れない場合、夫婦共にテレワークなら、二人とも同じリビング空間での仕事となり、電話やリモート会議がやりづらくもなってしまいます。

自宅や家庭環境によって、なさまざまなケースがありますが、寝室もワークスペースの選択肢の一つとして考える事で、快適なテレワーク環境ができる事もあります。リビングよりも集中できるスペースという意見もあり、狭いスペースでもデスクさえ置ければ十分な集中空間がつくれます。

▲写真投稿で意外に多かった寝室のテレワークスタイル。個室にデスクという点では、書斎と同じ感覚で集中環境がつくれます。ただ、寝室だとスペースに限りがあるので、デスクはコンパクトサイズでミニマムなワークスペースに。テレワークなら十分な大きさですね。
デスク ユーティリティプラス >

「家事」と「仕事」の両立で効率アップ。

女性の意見で多かったのは、リビングダイニングでの家事と仕事の両立。リビングダイニングでは、生活ノイズが気になったり、リモート会議の時に背景が映ってしまいデメリットな部分も多いですが、同じ部屋にいながら家事と仕事ができるのは効率的で便利。オフィスではできない、新しいワークスタイルですね。

▲リビングダイニングは、生活導線の確保が重要なため、奥行きがコンパクトなデスクでワークスペースをつくると生活の邪魔にもなりません。また、リビングダイニングの家具とデザインやカラーを合わせるとインテリア性もアップしますね。
デスク ソリッドジャスト >

テレワークの快適性には「デスクチェア」も重要

テレワークが定着し、実践してみると長時間座ることが多くなった事で「腰やお尻が痛い」「首・肩・目」などさまざまな箇所に違和感がでて、デスクチェアを購入されたという意見も多く見られました。集中力を持続するには、デスクチェアも重要ですね。

▲投稿写真を見ると、特に個室にワークスペースがある方は、ハイバックタイプや背もたれや座面の角度が変えられるタイプのデスクチェアが目立ちました。

「テレワークにおすすめ」カリモクのデスク

ボナシェルタ

ライフスタイルやスペースに合わせて、引出しやワゴンなどのユニットを追加して、自分に合ったデスクを作りあげていくシリーズ。機能性を重視したシンプルでコンパクトなデザインは、リビング・ダイニングや、ワークスペースなど場所を問わず活躍します。

詳しくはこちら

ユーティリティプラス

デザインもカラーもシンプルに、「ユーティリティ」の名の通り、基本性能に忠実に作り上げました。オーク材の素材感を活かしたシンプルで無駄のない形状を基本に、8サイズのデスクとワゴン、ブックスタンド、書棚をご用意しています。

詳しくはこちら

スパイオユニット

必要な機能だけを詰め込んだシンプルなスタイル。最小限のアイテムながら豊富な組み合わせを実現。好きなカタチを選んで、本格的な書斎づくりから家族のためのスペースまで、それぞれに適した環境づくりが可能なデスクユニットです。

詳しくはこちら

「テレワークにおすすめ」カリモクのデスクチェア

XU77 model XU77 model

XU77 model

ゆったりくつろげるサイズ感と掛け心地。背もたれを倒して固定したり、足を伸ばしたり、長時間のデスクワークではリフレッシュのためのリクライナーとしての使用にも最適。

詳細

詳細

XT57 model XT57 model

XT57 model

圧倒的な首のサポート感が特徴。前にせり出した部分が、首のラインにフィットし、後ろに持たれた時の安定感がある。背もたれのクッションは肩から腰の部分にかけて厚くなるよう設計されている。

詳細

詳細

XT58 model XT58 model

XT58 model

EIS認定モデル。穏やかな曲線を描くフレームに、布バネを直接張り込むことで身体をやさしくサポートする。クッションはやや厚めで、包み込まれる心地良さを味わえる。

詳細

詳細

セイルチェア(X398 model)Harman Miller社製 セイルチェア(X398 model)Harman Miller社製

セイルチェア(X398 model)Harman Miller社製

背もたれは背骨が自然と「S」の字を保てるように計算された3D形状。背骨の部分ではより高いサポート力、その他の部分ではより少ないサポート力となるよう、厚みと強度が変えられている。

詳細

リンク(X384 model)Davis社製 リンク(X384 model)Davis社製

リンク(X384 model)Davis社製

背もたれに体重を掛ければ、座る人の体形と体重に最適な角度に自然に傾く、シンプルで効率的な構造。特徴的な背もたれの「3Dネット」は、会議での使用にも、デスクワークにも最適な柔軟性がある。

詳細

XF40 model XF40 model

XF40 model

座面には3次元の加工が施され、板座でも見た目ほどお尻が痛くならない。削り込まれた形状の美しさも見どころの1つ。背もたれの曲線の加工もまた背中の当たりを和らげている。

詳細

詳細

XT42 model XT42 model

XT42 model

S字に描かれた背もたれのフレームが特徴。腰にはほどよいサポート感があり、張り込まれたメッシュが背中全体を優しく包む。成型合板ならではのしなやかさもまた心地よい。

詳細

詳細

コンテンツ一覧

PAGE TOP