子どもをリビングで思いっきり遊ばせてあげるには、キッズスペースを作るのがおすすめです。子ども専用の空間なら、多少散らかってしまっても気になりにくく、子どもにとっても、自分だけのスペースでより一層楽しめるでしょう。

そんなキッズスペース作りでは、どんなものを置いたり、どんな雰囲気に仕上げたりするのか迷ってしまうこともあるかもしれませんね。
そこで今回は、キッズスペースの作り方について紹介します。

せっかくならキッズスペースもおしゃれに仕上げたいもの。おしゃれに見せるコツや、子どもが喜ぶアイテムなどを紹介していきますのでぜひ参考にしてみてくださいね。



キッズスペースをおしゃれに作るコツ

自宅におしゃれなキッズスペースを作るためには、他の部屋と同様にインテリアテイストを意識したいですね。まずはおしゃれに見せるために大切なポイントをチェックしておきましょう。

家具のテイストをあわせよう

近頃ではキッズ向けのカラフルでかわいらしいデザインの家具がたくさんありますよね。せっかくなら、そんな子どもらしさ溢れる家具を置きたいという気持ちもあるかと思います。
でも、おしゃれな空間にするためには、インテリアテイストを統一させるのがおすすめ。

リビングやダイニングなどで使っている家具と同じ色や素材を使ったものを取り入れると、まとまりのある雰囲気になります。
また、子どもが大きくなって使わない家具が出てきたとしても、テイストを揃えていれば、他の部屋で使いまわすことができますよね。

収納するおもちゃなどがカラフルで個性的だからこそ、家具は今あるものと調和の取れた、シンプルなものを使う方が、すっきりおしゃれなキッズスペースに近づきますよ。

カラーコーディネートにも気を配って

家具のテイストと同様に、カラーコーディネートにも気を配れば、よりおしゃれなキッズスペースにすることができます。ラグやカーテン、ディスプレイアイテムなどの色を統一させることで、まとまりのある空間に。

リビングダイニングの一角にキッズスペースを作る場合は特に落ち着いたトーンを選ぶと、グッとおしゃれに見せることができます。
くすみカラーのブルーやピンクを使ったり、グレーでまとめたりするコーディネートも人気です。テーマカラーを1~2色程度にしぼるとまとまりやすいですよ。


おままごとキッチンは専用のおもちゃではなくてもOK!

78-2.jpg
女の子も男の子も大好きなおままごと。ママのマネをして野菜を切ってみたり、フライパンでジュージューしてみたりと楽しめるので、ぜひとも自宅のキッズスペースに用意してあげたいものです。
コンロやシンクなどがついたおままごとキッチンは、おもちゃ屋さんなどでも立派なものが売っていますが、家具を活用して手作りするのもおすすめ。

例えば小さなテーブルを壁側につけて、コンロのおもちゃを置けばキッチンに見立てることができます。
また、収納ラックの一段をキッチンとしてアレンジしてあげる方法も。子どもが立った時にちょうど手元にくる高さの棚に、コンロやまな板などを置いてあげると立派なキッチンになります。

成長しておままごとをしなくなった時は、普通の家具として別の使い方ができるので便利ですよね。また、家具を使うのでインテリアになじみやすいのもポイントです。


天蓋やテントを取り入れて秘密基地のような空間を

78-4.jpg

子どもは狭くて囲われた空間が大好き。自分だけの秘密基地のようなスペースがあると、自宅で楽しく過ごせるようになります。

小さいサイズの天蓋やテントなどを設置すれば、リビングの一角に秘密基地のようなスペースを作ることができます。テーブルやイス、クッションなどをその中へ置けば、子どもだけのおこもり空間が完成。
お気に入りのおもちゃを持ってその中で過ごせば、リビングのキッズスペースがとびきり素敵な遊び場になるはずです。

天蓋やテントはキッズ用に小さいサイズのものもたくさんあります。また、インテリアにあわせやすいおしゃれなデザインやカラーのものもあるので、検討してみてはいかがでしょうか?