塗り絵は早ければ1歳半ごろからできる子どもの好きな遊びの1つです。
ママと一緒に楽しめて、色彩感覚や集中力が身に付いたり、達成感が得られて自信が付いたりするメリットもあるんだとか。
そんな塗り絵は主に2歳頃からが本格的に楽しめるようになってきます。魔のイヤイヤ期で困った時にも、子どもが好きなイラストの塗り絵を出してあげたら、気持ちの切り替えがスムーズに行くかもしれませんね。

そこで今回は、保育士さんも大切にしている塗り絵の魅力や、どんな塗り絵がいいのかを紹介します。また、お家で簡単に楽しめる塗り絵の無料ダウンロードサイトも載せているので、ぜひ試してみてくださいね。身に付くことがたくさんある塗り絵を親子で楽しんでみましょう。


塗り絵はいろいろな力を育てるいいこと尽くしの遊び

13-2.jpg

塗り絵は、ただ楽しいだけではなく、さまざまな力を育てることができる遊びです。
赤や青など色の違いを識別する力や、色彩感覚、手先を細かく動かす器用さに加え、「ここは赤で、ここは黄色で...」と考えながら塗る想像力や集中力もつきます。また、塗り終えたことによる達成感や、褒めてもらえたことによる自信も得ることができます。

楽しみながらいろいろな力がついていく塗り絵は、まさにいいこと尽くしの子どもの遊びですよね?保育園でも、保育士さんが子どもに寄り添って塗り絵をさせてあげるのは、いいことがたくさんあるからと知っているからかもしれません。


塗り絵をさせてあげる時の親の接し方とは?

保育士さんが子どもの塗り絵を見ている時はできあがるまで見守り、完成したら褒めてくれます。 褒めることで塗り絵が楽しくなり、子どもも「もっと塗りたい!」という気持ちになるからです。 そのため、パパやママが塗り絵に付き合う時もなるべく褒めてあげましょう。

親だとついつい口出ししてしまいそうになりますが、そこはグッと我慢。「ここの色は赤でしょ?」などと指摘してしまうと、子どもの想像力を広げる折角の機会がなくなってしまうかもしれません。まずは子どもの塗りたいように、好きな色を好きなところに使わせてあげましょう。

2歳頃なら、線からはみ出しても、イラストとまったく異なる色を塗っていても気にせず、「色がちょっとでも塗れたらOK」くらいの気持ちで付き添ってあげるといいでしょう。小さな子どもは集中力が長く続きにくいので、塗り絵を全部完成させるのは難しいもの。クレヨンなどを手に持って、絵を塗る楽しさが味わえるだけでも十分ではないでしょうか?

また、もっと塗り絵を楽しんでほしいなという時は親も一緒に塗るのがオススメ。クレヨンや色鉛筆の使い方、塗り方を子どもがマネをして、上手に塗れるようになるかもしれませんよ。
ちなみに筆者も子どもの塗り絵に付き合う時は、隣のページを塗って一緒に楽しんでいました。「ママ、すご~い!」といって、マネするように一生懸命塗っていましたよ。