子どもが毎日リビング学習に取り組んでいるものの、いつまで続けるべき? とお悩みのママやパパは多いのではないでしょうか。

筆者の周りでも子どもにリビング学習をさせている家庭は多いのですが、「最近は子どもが自分の部屋で勉強したがるようになった」などの声もときおり聞こえてきます。しかし、子ども部屋での勉強はきちんと集中しているかなど、心配な点も多いもの。

そこで今回はリビング学習をいつまで続けるべきか、リビングと子ども部屋を上手に使い分ける学習スタイルを作る方法について紹介します。



リビング学習はいつまで続けるべき?

自宅学習の環境を整える上で重要なことは、リラックスして取り組めて集中しやすいようにするという点です。学習習慣を身につくまでは、なかなか集中力が続きませんし、小学校低学年だと子ども部屋で一人きりだと心細く感じる子どもも多いようです。したがって家族が過ごすリビングの方が安心して学習に取り組めるといわれるのです。

しかし、成長するにつれ、リビングの環境では集中しづらくなってくることも増えてきます。親の視線が気になったり、暗記が必要な学習が増えたりすることで、子どもが自分の部屋で勉強したいと感じるようになるのは自然なことといえるでしょう。

大切なのは子どもの意見に耳を傾けることです。
必ずしも〇年生になったからリビング学習はやめなければならないというルールはありません。子どもの意欲や希望に合わせてリビング学習に取り組み、学習内容などに応じて子ども部屋も活用するなど、リビングと子ども部屋の使い分けがおすすめです。


低学年はリビング学習メインで学習習慣を身につけるのがおすすめ

76-2.jpg

子ども部屋でひとりで学習することが難しい低学年は、まずリビング学習で学習習慣を身につけましょう。しかし、学習内容によっては子ども部屋が向いていることもあります。リビングと子ども部屋、使い分けのポイントをみていきましょう。


宿題や家庭学習はリビングで

低学年の間はママやパパの目が届きやすく、リラックスして学習に取り組めるリビングをメインの学習環境にするとよいでしょう。リビングならわからないことをすぐ聞くことができ、学習のつまずきにも早い段階で対応できます。

学校や塾の宿題、通信教材の取り組みなどの、普段の学習の場としてリビング学習が定着すると、毎日の学習習慣が身につきます。。

ポイントは、ママやパパは口出ししすぎず、監視するような態度をしないこと。子どもだけに任せきりせず、子どもが集中しているときは、大きな音をたてたりしないようにするくらいの適度な距離感で見守ることが学習習慣を身につけさせる成功のポイントです。


暗記や工作は子ども部屋で

低学年でも学習内容に応じて子ども部屋を利用することをおすすめします。たとえば暗記の学習。かけ算九九を覚えたり、暗唱したいといったときには、静かな子ども部屋で学習するとよいでしょう。

また、工作やお絵描き、自由研究などはリビングが散らかりやすく、その都度片付けるのも大変です。リビングが散らかってイライラしてしまうなら、気兼ねなく子ども部屋を使ってもらう方が親子ともに笑顔で過ごせるでしょう。

子ども部屋のドアは開けておくと家族の気配が感じやすく、子どもも安心できます。また、ママやパパはときおり部屋を覗けば子どもの様子が確認できますね。