共働きのお家では「毎朝バタバタ!」という人も多いですよね。家事や身支度、子どもの用意などを手早く終わらせるために、いろいろと工夫されているかもしれません。
忙しい朝時間にちょっとでもゆとりを生むためには、子どもにとっても使いやすい便利な家具を取り入れて、朝の準備がスムーズに進むようにするのがおすすめです。

そこで今回は、朝時間にゆとりを作るために役立つ、カリモクおすすめの家具を紹介します。
便利な家具を使って時間を有効活用すれば、忙しいママもゆとりのある朝を過ごせるようになるはずですよ!


ゆとりある朝時間のために役立つカリモク家具をご紹介!

73-2.jpg

子どもの身支度や朝食の用意などで毎朝ドタバタしてしまうというママは、ちょっとでも時間にゆとりを持たせるためにいろいろと試行錯誤しているかもしれませんね。
でもなかなかうまくいかないという時は、便利な家具を取り入れて環境を整えるのがおすすめです。

そんな時にご提案したい、カリモクの家具を紹介していきます。
子どもが自分で身支度できるハンガーラックや、朝食の準備がスムーズになるワゴン、掃除がしやすいダイニングテーブルなど、おすすめの使い方とあわせて紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。


【AT5511モデル】子どもが自分でお支度できるハンガーラック

73-3.jpg

カリモクのハンガーラックは子どもの成長にあわせてアレンジできるのが特徴。
リビングに置いて子どもが自分で身支度できる環境を整えれば、朝のバタバタも軽減されるのではないでしょうか?そんなハンガーラックの魅力をお伝えしていきます。

成長にあわせて高さを変えられ、自分で無理なく身支度できる

カリモクのハンガーラックは、子ども部屋だけでなくリビングダイニングにも置きやすいシンプルデザイン。
家事中のママやパパの目が届く場所に置いて、通園用の服やバッグなどをまとめておけば、子どもが一人で身支度できる環境が整います。

また、カリモクのハンガーラックは園児~学生まで長く使えるように、ハンガー棚の位置を3段階で調節できるのがポイント。
子どもの成長にあわせて手の届く高さにアレンジすれば大きくなっても使いやすく、洋服がサイズアップしても安心です。

2本のポールと4個のフックで収納力もばっちり

ハンガーラックには両サイドに2つずつのフックが付いています。帽子や通園バッグを掛けておくのに便利で、サッと手に取れるので朝の身支度がスムーズになりますよ。また、帰宅後のお片付けも簡単にできるので、脱ぎっぱなし防止にも便利ですね。

さらに前後に2本のポールが付いているのも特徴。手前側のポールにはハンガーに掛けた洋服を、奥側のポールには市販のS字フックを使って小さめの鞄などを引っかけておくことができ、スペースを有効活用できます。

上下の棚はディスプレイや収納スペースとして便利

ハンガー棚を一番低い位置に取り付けた時は、背板部分に八つ切り画用紙サイズのディスプレイスペースが生まれるので、子どものお絵かきを貼っておくのにぴったりです。
子どもが園で描いたり作ったりした作品を飾る場所って意外と難しいことはありませんか?
我が家でも、子どもが毎日のように持ち帰る作品たちを飾る場所に困ったことがありました。そんな時にもこのハンガーラックが役に立ちます。

また、学年が上がって棚の位置を上にした時も、収納ボックスや鏡などを置いて使えます。
下段の棚にも荷物がたくさん置けるので、ランドセルや習い事用バッグなどの収納スペースとして便利ですよ。


【SS0419モデル】マルチワゴンで朝食準備をスムーズに

73-4.jpg

カリモクのマルチワゴンは、その名の通りマルチな使い方ができる便利な家具。
子どもの学用品をまとめたり、書類を整理収納したり、プリンターやノートPCを片付けたりとさまざまなシーンで役立ちます。
そんなマルチワゴンをダイニングテーブルで使えば、朝食の準備がスムーズに進められますよ。

ダイニングテーブルまわりで使うものをまとめて収納

マルチワゴンにダイニングテーブルまわりで使うものをひとまとめにして収納しておくと、バタバタする朝食の準備がスムーズです。
たとえば、ランチョンマットや子どものエプロン、ティッシュやお手拭きなどをまとめておくのはいかがでしょう?

ワゴンのサイドにはフックが付いているので、子どものエプロンを引っかけておけば、自分で取ることができますね。

子どもがお手伝いしやすくなる

子どもに朝食準備を手伝ってもらう時もマルチワゴンがあると便利。シリアルなど、子どもが自分でできる程度の簡単なものをセットしておけば、ランチョンマットと一緒に用意するお手伝いが子どもでもできそうです。


ダイニングテーブルの横までワゴンを運んでおくと簡単にテーブルの上に必要なものを出せるので、忙しい朝でも子どもに安心して任せられますね。

収納したいものにあわせて棚板をアレンジできる

73-5.jpg

マルチワゴンの上段のオープンスペースは棚板を動かせるようになっています。縦・横に付けかえ可能なので、収納したいものにあわせられるのが特徴です。
小物をしまう時は収納ケースなどを組みあわせるのもおすすめですよ。

ティッシュケースやロールタイプのお手拭き、ランチョンマットなど、高さやサイズの違うさまざまなものも、棚板を調節すればそれぞれがすっきり収納できます。