テレワークや外出自粛が多くなり、家族と過ごすおうち時間が増えた人も多いはず。しかし、子どもと一緒に過ごしたい気持ちはあるけれど、長時間同じ空間にいると「なんだか疲れてしまう...」と感じる人もいるのではないでしょうか?
筆者も最近は家に家族全員が揃うことも多く、楽しい反面疲れを感じることもしばしば。

そんな時、子どもの気配を感じながらも自分の時間を楽しめる居場所があると、リラックスしたおうち時間を送れそうですよね。
そこで今回は、おうち時間がもっと過ごしやすくなるように、程よくゆるくつながった空間で家族の気配を感じつつ、思い思いの時間を過ごせるリビングダイニングの作り方を提案します。


家族が集まるリビングダイニングで自分の時間を作るためには?

新しい生活様式が定着する中、テレワークや外出自粛などにより家族みんなで過ごすおうち時間が増えてきました。しかし、普段は「できる限り家族と一緒の時間を過ごしたい」と考えているママ・パパでも、ずっと子どもと一緒の行動を取っていると疲れてしまうこともあるでしょう。
「やりたいことがあるのに、子どもがずっと同じ空間にいることで集中してできない...」とストレスを感じる場合もあるかもしれません。

特に家族みんなが過ごすリビングダイニングでは、それぞれのパーソナルなスペースがないことも多いですね。小さな子どもがリビングで遊んでいるのなら、その様子を近くで見守る必要があり、自分の時間も取りにくいものです。
そんな時は、お互いの気配を感じながらもそれぞれが思い思いに過ごせるように、リビングダイニングの使い方を工夫してみるのがおすすめ。
みんなが自分のやりたいことをやりつつも簡単にコミュニケーションが取れて、子どもの様子も見守れるリビングダイニングなら、きっとストレスフリーな過ごし方ができるはずです。


リビングダイニングは使い方次第で家族みんなが過ごしやすくなる

60-2.jpg

元々リビングダイニングは、家族みんなでテレビを見たり食事をしたりと同じことをして過ごすことが多い空間でした。しかしライフスタイルの変化で、子どもも大人もそれぞれがやりたいことをリビングダイニングで行うシーンが増えています。
子どもは遊びや勉強を、大人は仕事・読書・ティータイム・趣味・ネットなどを個々にリビングダイニングですることもあるでしょう。

そんな時に、自分のやりたいことができるパーソナルな居場所があると、家族がずっと同じ空間にいても心地よく感じられるはずです。
そのためにはリビングダイニングの使い方をちょっと工夫してみましょう。簡単にコミュニケーションが取れてつながりを感じられるけれども、思い思いの時間も過ごせるのが理想。そんなリビングダイニングの過ごし方について、具体的に紹介していきます。