子ども一人当たり、平均2~3個の習い事をさせている家庭は、今や珍しくありません。

子どものためを思ってでも、いくつもの習い事はいつしかママの大きな負担にも...。
時間ばかり取られては、ママも大変ですよね?


この記事では、習い事の送迎問題に対し、振り回されるママの大変なこと、疲れを軽減する工夫を紹介します。ママの負担が少しでも減るよう、送迎問題解決への参考にしてみましょう。


子どもの習い事で振り回されるママ...。大変なことって?

7-17-2.jpg

子どもが「やりたい!」と、興味を持った習い事。親としてはできる限り、子どもの気持ちを尊重してあげたいですよね。ここからは、子どもの習い事で振り回されるママの大変なことを紹介していきます。


兄妹で習い事って大変!

兄妹で習い事をしていると、特に大変なのが、「待ち時間がつらい」や「送迎が2倍になる」ということが挙げられます。兄妹で別の習い事をしていると、それぞれに送迎が必要になり、ママが一気に大変になってしまいますよね。同じ場所で習い事ができたとしても、一人が終わるまで、子どもと一緒の待ち時間ができてしまうケースも。

筆者も遊び盛りのお兄ちゃんと待っているのは、大変苦労したものです。子どもが飽きてしまわないよう、待ち時間におもちゃや本、お菓子などを与えてあげるといった工夫が必要になってきます。


家事や料理に手が回らない!

習い事の時間は丁度家事の忙しい時間帯。家事を中断して子どもを送り、また家事の続きをしていてもすぐにお迎えの時間に。

「洗濯物を畳む暇がなかった」、「夕飯の支度を中断しなくてはならない」など、思うように家事が進まず、大変な思いをしているママもいます。限られた時間の中で、全てを完璧におこなうことは至難の技です。

いっそのこと、「習い事の日は掃除はしない」や「簡単な夕飯にする」といったように、家事を簡素化するといいかもしれませんね。


ママに負担のかかる習い事の送迎問題!3つの解決策を紹介

そもそも、ママが大変になってしまっている一番の原因は、子どもの送迎にかかる時間です。送迎問題さえ解決すれば、ママの負担が減らせると思いませんか?ここからは、習い事の送迎を楽にする、主な解決策を2つお伝えしていきます。


ときには実家・ママ友へ送迎を頼もう

送迎が大変な時は、実家が近いなら時には両親に送迎をお願いしてみませんか?

また、一緒の習い事に通わせているママ友と協力して、行きと帰りで送迎を分担しても。お互いに助け合えば、距離が縮んで交友の場が広がるきっかけにもなりますよ。


子どもの送迎をしてくれるサービスを使おう

頼める人がどうしても見つからないママは、送迎サービスを検討してみてはいかがでしょうか?実は、子どもの習い事への送迎を行ってくれる、各自治体のファミリーサポートなど、子育てを支援してくれるサービスがいくつかあります。

このようなサービスなら、変に気を遣う必要がないので、ママも嬉しいですよね。各自治体のファミリーサポートは、住んでいる地域によって、さまざまです。興味があれば、各自治体のホームページを検索し、事前説明や登録手続きの方法などを確認しましょう。


子どもの習い事は負担が少ない範囲内で

習い事の送迎は、ママへ重く負担がのしかかることがあります。

そんな時は周囲の人と協力できるといいですね。
また、習い事を選ぶ際は子どもだけで通える範囲の習い事や、家の近くまで送迎バスの来る習い事を選ぶのも一つの手です。

子どもの習い事は、長く続けるものも多いのでママに無理のない範囲で選びたいですね。


送迎への負担が軽減されたとしても、家事やパートで「疲れたぁ...」と、つい愚痴こぼしてしまう時ってありますよね。忙しい中でも少し時間をつくって、リフレッシュする時間を設けてみてはいかがでしょうか?

次の記事では、忙しいママがリラックスできるおすすめ椅子を紹介します。こちらの記事もぜひ、チェックしてみましょう!