子育てしやすい家づくりは、リビングダイニングの間取り選びが重要ですね。お互いの目線が届くような開放的なスペースだと、きっと快適に過ごせるはず。そして、リビングダイニングに置く家具選びも、子育てにとって大切です。

ソファやキャビネット、テレビボードなど、さまざまな家具がある中で、特に子育てのしやすさに繋がるのがダイニングテーブではないでしょうか?子育て期にオススメのダイニングテーブルとはどんなものか、子どもが使う時の気がかりポイントと一緒に考えていきましょう。

子育てにはダイニングテーブル選びが大切

ダイニングテーブルは子どもが小さいうちから食事やお絵かきなどで使用する機会の多い家具。そのため、使いやすいものを選ぶことが子育てのしやすさに繋がりそうです。
そんな子育てにとって使いやすい家具とは、親の気がかりをカバーしてくれるものではないでしょうか?

飲み物や食べ物をこぼして汚したり、角に頭をぶつけたりと、小さな子どもがダイニングテーブルを使う時に気になる点はいろいろあります。
そんな気がかりポイントをカバーしてくれるダイニングテーブルだと、親も気兼ねなく子どもにテーブルを使わせてあげられそうですよね。
そこで、子どもが使う時に役立つダイニングテーブルの機能を、親が心配になる点とともに紹介していきます。


小さな子どもの子育てで心配な点をカバーしてくれるダイニングテーブルとは?

7-9-2.jpg
では、実際にダイニングテーブルを使う時に、どんなシーンで気がかりなことがあるのかを考えましょう。
その気がかりをカバーしてくれる機能がついたダイニングテーブルがあると、子育てする時にきっと役立つはずです。まずは、子どもが小さいうちにありがちな心配なポイントをピックアップしてお伝えします。

テーブルの角でのケガが心配な時には

子どもがダイニングテーブルの角で「ゴツン」と頭をぶつけてしまわないかは、親の心配事としてもよくある話です。 そんな場合に備えるなら、角が丸いダイニングテーブルを選びましょう。四角い形をしているものでも、角だけ丸くなっているタイプなら安心ですね。

また、円形や楕円のテーブルなら、元々角がないのでさらに安心。このタイプのダイニングテーブルだと人数を縛らないので、来客がある時にも椅子を増やせばみんなで座ることができて便利というメリットもあるんです。

子どものテーブルでのケガ防止としては、テーブルの角にクッション材を貼り付ける方法もあります。
手軽に対策できる方法ではありますが、子どもが外してしまったり、粘着テープの跡がテーブルに残ってしまったりといったマイナス面も...。
そのため、できればクッションン材を貼らなくてもいいテーブルを選びたいところです。

汚した時の手入れが気になる時には

子どもは飲み物や食べ物をこぼすのが当たり前。特に食事の場であるダイニングテーブルは、汚れることを前提に考えておきたいですね。 テーブルは布巾で拭けばOKですが、問題はダイニングチェア。ファブリック製のものなら、特に汚れが気になってしまいます。

そんな時には、カバーを外して洗えるものがおすすめです。ジュースをこぼしても、取り外して洗えば大丈夫。
また、合成皮革張りのシートのものも、汚れをサッと拭き取れるのでオススメです。
汚れても簡単にキレイにできるダイニングチェアがあれば、気持ちにも余裕が生まれて、子どもにのびのびと食事をさせてあげられそうですね。

7-9-3.jpg