おうちで過ごすことが長くなると、リビングでくつろぐ時間も増えますよね。そんな時にソファがあれば、家族みんなが快適なおうち時間を過ごすのに役立ちます。
特に便利なのがシェーズロングやスツールなどと組み合わせできるソファ。部屋の広さやソファを設置する位置、リビングでの過ごし方にあわせて自由に組み合わせできるのが魅力です。

そこで今回は、ソファの組み合わせパターンのおすすめについて紹介します。どんな組み合わせ方のソファがちょうどいいのか、気になっている人はぜひ参考にしてください。


くつろぎ時間におすすめ!ソファの組み合わせとは?

68-2.jpg

ソファの組み合わせとは、2人掛けや3人掛けのソファに、シェーズロングやスツールなどをプラスしてレイアウトすることです。
部屋の広さや形に合わせてアイテムをプラスすれば広々と座れるようになるので、ゆったりとくつろぎたい時にぴったり。また、多くの人数で座りやすくなるので、家族がそれぞれリラックスした姿勢で腰掛けられるのもメリットです。

リビングダイニングを軽く仕切って、家族が各々のやりたいことに集中したい時にも便利ですね。
組み合わせできるソファがあると家族みんながそれぞれくつろいで過ごせるようになり、長くなったおうち時間も快適になるはずです。

では実際にどんな風にソファを組み合わせるのがいいのでしょうか?組み合わせ方にはいくつかのパターンがあり、それぞれで特徴が異なるのでどんな風に過ごしたいのか、間取りや過ごし方などと一緒に考えながら選んでいくといいですよ。
そんなソファの組み合わせのパターンをこれから紹介していきましょう。


【組み合わせパターン1】2人・3人掛けソファ+シェーズロング

68-3.jpg

2人掛けや3人掛けの標準的なソファにシェーズロングを組み合わせてL字型にレイアウトする方法は、よりくつろいだ時間を過ごした人にぴったりなパターン。
シェーズロングは背もたれに対して座面が長くて足を伸ばして座ったり、寝たりできるタイプのソファです。全面に背もたれがない分、圧迫感を軽減してくれるメリットがあります。

正面を見ながら寝ころべるので、ソファの前にテレビがある時にもシェーズロングでゆったりと足を伸ばした体勢で楽しめます。
サイドテーブルをシェーズロングの横に置けば、手元に飲み物やスマホ、読みかけの本などを置いておくこともでき、くつろいだ姿勢のまま快適に過ごせるのでおすすめです。
私もゆっくり映画鑑賞する時はシェーズロングに座って足を伸ばし、飲み物をサイドテーブルにスタンバイして楽しんでいます。

また、足を伸ばす部分に腰掛ければ応接セットのようにもなるので、来客があった時も程よく距離を取って話すことができます。
そんなシェーズロングはボリュームのあるソファのため、ある程度の広さのあるリビングがおすすめです。背もたれの高さが低いロータイプを選ぶと圧迫感が抑えられますよ。


【組み合わせパターン2】2人・3人掛けソファ+スツール

次は2人掛け・3人掛けのソファにスツールを組み合わせるパターンを紹介します。
ソファのスツールとは背もたれや肘掛けのない座面だけの椅子のこと。ソファに座った時に、足を置くための椅子として活用できます。

そのため、2人・3人掛けソファにスツールを組み合わせれば、シェーズロングのように足を伸ばしてくつろぐことが可能です。
ソファよってはスツール部分だけを切り離すことができるため来客時にレイアウトを変えやすく、対面に配置して、1人用のスツールにすることもできて便利。

また、スツールの座面が比較的フラットなタイプなら、トレイに載せた飲み物やお菓子を置いてサイドテーブルのように扱う方法もあります。
スツールを組み合わせる方法は、シェーズロングよりも省スペースなのが特徴。部屋の広さからシェーズロングを置くのが難しい場合は、スツールを組み合わせる方法を検討するのもいいでしょう。