小学校入学時は、学習机を購入するか悩む時期ですね。
働くママは「子どもとの時間を少しでも共有したい」「家事の合間に宿題を見てあげたい」という想いから、子どもにリビング学習をさせている家庭が増えています。そんな中、「小さいうちは学習机を購入しても使わないのでは?」と感じる方も多いはず。
果たして、学習机は入学時から必要なのでしょうか?
今回は学習机について、入学時から必要なのか、購入するタイミングなどをご紹介します。実際に購入したママたちの声を参考に、学習机を検討してみましょう。


学習机は入学時から必要?

35-2.jpgリビング学習が一般的となった 今、小学校入学時に学習机を購入するか迷う親御さんや、義父義母が買ってくれるのを断りにくいなど、学習机に対してさまざまな意見を耳にします。その一方で、入学時から学習机を使わせて、子どもの自立心を育てたいという考えも。
入学時から学習机がある場合、子どもにどのような効果が得られるのでしょうか?学習机の必要性に繋がるヒントを探っていきましょう。


机に向かう習慣ができる

入学時は子どもにとって、全ての環境が新しく変わる時期です。これから家庭で勉強や宿題をする機会が、どんどん増えてきますよね。そのため、入学時から学習机があると、「ここで勉強をする」という意識付け や、子どもがすんなりと机に向かう習慣作りに役立ちます。
また、学習机にランドセルや教科書の収納スペースがあれば、「自分で準備する」「自分で片付ける」といったこともスムーズにできるようになります。子どもが準備をしてくれれば、家事や仕事 で忙しいママにとって、大助かりですね。


子どもが一人で集中できる

リビングダイニングは、家族が自然と集まる家の中心です。だから、リビング学習は兄弟の声やテレビの音などで、「騒がしくて集中できない」という場合も。そんな時に、入学時から子ども部屋に学習机があれば、一人で集中して問題をときたい時や、静かなところで読書したい時など集中することができます。 周囲の音もあまり気にならないため、好きなことに打ち込む時間もできますよ。


学習机を購入するタイミング

学習机を購入するタイミングは、それぞれのご家庭の考え方によってさまざま。それでは、 もし学習机を購入するなら、どんなタイミングがいいのでしょうか?


小学校入学時をきっかけに購入

やはり小学校入学時は、学習机を購入する一番のタイミングですね。学習机はそれなりに費用が高いので、入学時を過ぎてしまうと、「なかなか買うタイミングが掴めない」という方も少なくありません。入学時に思い切って学習机を購入するなら、ランドセルや教科書など、整理整頓に役立つ収納ワゴンや本棚を、一緒に買い揃えてしまうのも手ですよ。


子どもの様子を見てから入学後に購入

学習机は、決して急いで買う必要はありません。
入学後に子どもの様子を見て、リビング学習で十分だと感じたなら、まだ買う必要はありません。逆に、テレビの音や家族の話し声で集中できなかったり、教科書が片付けにくかったりなど、問題が出てきてから購入を検討するのも良いでしょう。入学時に学習机の購入について悩んでいる方は、小学校入学後、子どもの様子を見てからもう一度考えてみると、スムーズに答えが出せるかもしれませんね。


子どもが欲しいと言ったら購入

入学時は学習机や子ども 部屋に興味がなかった子ども達。しかし、成長していく中で、「この学習机が欲しい」「部屋に合う色が良い」など、欲しいものがだんだん明確になってきます。
筆者の娘の場合は、小学校に入り、「友達みたいに机が欲しい」と言われたことをきっかけに、学習机を選びに行きました。さまざまな商品の中から、娘が納得した学習机を選んで購入できたこともあり、家では自然と机に向かって学習をするようになったんです。
やはり、入学時のタイミングだと、両親や祖父、祖母の意見が重視されがちですが、子どもが一番欲しいと思う学習机を使うことで、勉強のやる気度は大きく変わります。だからこそ、子どもが「欲しい」と言うまで待つのも、ひとつのタイミングですよ。


受験勉強 で購入

首都圏では、子どもに中学受験をさせるママも珍しくありませんね。また、中学受験はしなくても、中学生になったと思ったら、高校受験もあっという間にやってきます。受験勉強は一人で落ち着いて集中できる環境作りが大切です。ですから、中学受験や将来の高校・大学受験を見据えて、学習机を購入するのもおすすめ。
けれど、小学生のうちは、パパママが近くにいた方が安心できるという子も多くいます。子ども 部屋で勉強しづらい子どもには、リビングに学習机を置いて、専用のスペースを設けるのも良いですね。パパママが近くで見守りながら、一人集中できる環境が整います。