子どもの抱っこや外遊びの相手、家事などで夕方にはヘトヘト......というママも少なくないのではないでしょうか?朝起きた時に身体のだるさを感じることもあるかもしれませんね。
そんな毎日くたくたなママのために、疲れを軽くして心身ともにリラックスできる方法を紹介します。
疲れに効く食材や簡単なストレッチ方法などをお教えしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。ママが元気になれば、子どもともっと楽しく過ごせるようになりますよ。


子育て真っ盛りのママ。疲れが溜まっていませんか?

毎日繰り返される子育てと家事には休むヒマも少なく、疲れが溜まってしまうママは多いことでしょう。
特に子どもが小さい内は抱っこや遊び相手など、ママも体を張って子育てをしているはず。
疲れているからしっかり眠りたくても、夜中に子どもが起きたり、寝相が気になったりで熟睡できない時があるかもしれません。睡眠不足が続けばさらに疲れは溜まる一方ですよね。
筆者も家事と子育てで疲れが溜まっているのに、睡眠不足が続いてグッタリした毎日を送った日々がありました。

そこで、毎日くたくたなママの疲れがちょっとでも取れるようなアドバイスをしていきます。軽い身体になれば、子育ても家事もすっきりした気分でできるはずです。


疲れを取るために必要なこととは?

疲労回復には、睡眠を取ることが何よりも大切。しかし、単に布団に入って長時間眠ればいいというわけではなく、質のいい睡眠が必要です。
ぐっすりと眠り、朝はすっきり目覚められるような眠りが得られるようにしていきたいですね。
そんな質のいい睡眠のためには適度に体を動かしたり湯ぶねに浸かったりして、眠りに向けた準備をしておくことが必要なんです。

子育て中は忙しくて時間がないママも多いと思いますが、できるだけ疲れが取れるライフスタイルにしていきたいもの。そこで忙しいママでもできる簡単な疲労回復テクニックを紹介していきましょう。


忙しいママにおすすめの手軽な疲労回復テクニック

数分だけでもいいので、一人になって気分転換を

33-2.jpg

子育て中のママは体力的にはもちろん精神的にも疲れている人が多いはず。毎日子どものお世話をするのって本当に大変ですよね。
一息つきたくてもできない時もあるでしょう。そんな時には数分だけでもいいので、一人になれる時間を作りませんか?
例えばそれがトイレの中でも、キッチンの一角でも、洗面所でもかまいません。
何もせずボーっと過ごすと脳が休まって、意欲が高まるのだとか。スマホもテレビも見ず、無心になって気持ちを落ち着かせてみましょう。


疲労回復に役立つ食材を食べよう

鶏むね肉に含まれるイミダゾールペプチドという成分は疲労回復に効果があるといわれています。低カロリーでリーズナブルな食材ですし、ぜひ毎日の献立に積極的に使っていきたいですね。
また、クエン酸も疲れに効くといわれている成分です。レモンや酢、梅干しなどの酸っぱいものに含まれています。
鶏むね肉にレモンや梅、酢などを組み合わせたメニューなら、疲労回復の効果が期待できそうですね。疲労に効く食材を継続的に食べて、疲れにくい身体づくりをしていきましょう。


入浴やストレッチで質のいい睡眠を導こう

38~39℃のぬるめのお湯で15分ほど入浴すると疲れが取れやすくなるといわれています。
体温をあげるので寝つきをよくしてくれ、質のいい睡眠へ近づけることができます。パパに子どもをお願いできる時や子どもが眠ったあとに、一人でゆっくり入浴してみてはいかがでしょうか?
また、身体を適度に動かして血流をよくすることも、疲労回復に役立ちます。
しかし子育て中は外に出て運動をするのはなかなか難しいというママも多いでしょう。そこでおすすめしたいのがストレッチです。
短時間で無理なくできるので、忙しい子育て期でもチャレンジしやすいのではないでしょうか?
特に就寝前にストレッチすれば、良質な睡眠にも近づけます。また、抱っこで肩こりに悩まされているなら、肩の痛みに効くストレッチをすると辛さが軽減されるかもしれません。
ここで、肩こりや疲れ回復に役立つ簡単なストレッチ方法を紹介します。