小さな子どもがいる家庭では、家具に塗り絵のクレヨンがついて汚れてしまったり、積み木で傷がついたりというトラブルがあるのではないでしょうか?特にテーブルや椅子は子どももよく使う家具なので、汚れや傷がつきやすいですよね。

子どもをのびのび遊ばせてあげるために、できるだけ叱らずにいたいと考えるママも多いはず。そんな時は、汚れや傷に強い家具を使うのがおすすめですよ。どんな素材のものがいいのか、お手入れの仕方も合わせて紹介してきますね。


子どものために丈夫で手入れがしやすい家具を

我が家でも、子どもがテーブルの上でおもちゃを使って遊んだり、お絵かきや塗り絵を始めたりすると、傷や汚れがつかないかハラハラしたことがありました。また、食事やおやつの時には、こぼした食べ物や飲み物が気になりますよね。

そんな時、汚れや傷を気にしなくてもいいようにしておけば、家具を大事にしたいけど子どもものびのび遊ばせたい...というジレンマに陥らず、思う存分好きなことをさせてあげられます。

そのために大切なのは家具選びなんです。

小さな子どもが遊ぶことも考えて、丈夫でメンテナンスが楽な家具を選んでおきたいですね。
カリモクでは傷や汚れに強く、お手入れがしやすい家具をたくさん取り扱っています。その中でも特に子どもがいる家庭にオススメの素材を紹介していきますね。


傷が気になる時のおすすめテーブル素材

メラミン化粧天板のテーブル

まずは、傷を気にしなくてもいいように丈夫な天板のテーブルを選びましょう。メラミン化粧天板のテーブルなら水や熱、傷にも強く、汚れても濡らした布で拭きとれます。
7-12-2.jpg

クレヨンなどの汚れなら、拭き掃除で十分に落とせますよ。まさに子育て世代にぴったりのダイニングテーブルですよね。素材はメラミン樹脂ですが、木目調プリントのものなら、ナチュラルなインテリアにもぴったりです。

無垢材のテーブル

よりナチュラルで自然のあたたかみが感じられるダイニングテーブルがいい場合は、無垢材のものを使うのがオススメです。無垢材だと傷を修理することができるメリットもあります。
しかし、メラミン樹脂よりは傷もつきやすいので、家族の思い出として傷や汚れを残しておくという考え方も素敵ですね。


汚れが気になる時のおすすめダイニングチェア素材

7-12-3.jpg

ダイニングチェアは食べ物や飲み物がこぼれたり、塗り絵のクレヨンがついたりと汚れがちなところですよね。メンテナンスしやすい素材のものをあらかじめ選んでおくと気持ちも随分と楽になりますよ。そこで、ダイニングチェアの素材ごとの特徴と、汚れの落とし方についてお伝えしていきましょう。

合成皮革を使ったダイニングチェア

人工的に作られた革である合成皮革。本革よりも水に強いので、汚れたら濡らした布で拭けば、簡単に落とすことができます。飲み物をこぼした時にも水分をはじきやすいので、ふき取りが楽なんですよ。塗り絵をしていたら、クレヨンが布のカバーについてしまったなんて時も、合成皮革なら安心ですよね。合成皮革の中には布に近いテクスチャのタイプもあり、インテリア性が高いものもたくさんありますよ。

【汚れの落とし方】
汚れがついた場合は、中性洗剤を薄めたぬるま湯にやわらかい布を浸し、固く絞ってから拭き取ります。そのあと、水拭きで洗剤を拭き取りましょう。最後に乾いた布で拭いて、しっかりと乾燥させたら完了です。合成皮革専用のクリーナーもあるので、併用するのもおすすめです。

布を使ったダイニングチェア

7-12-4.jpg

布張りのダイニングチェアは、カバーを取り外して洗えるものだと手入れが楽ですよ。食べ物や飲み物をこぼしてしまった時にも、洗えるカバーだとがっかりせずに済みそうですよね。子どもが大きくなった時にカバーを買い替えれば、今までの汚れの一新と、模様替えも同時にできて一石二鳥です。

【汚れの落とし方】
取り外してカバーを丸ごと洗ってしまうのが一番キレイにできる方法ですが、ちょっとした汚れを落としたいという時には、中性洗剤を使って拭き取りましょう。合成皮革と同じように洗剤を付けた布で拭いたあと、水拭きし、乾燥させたらOKです。


傷や汚れに強い家具で子どもをのびのび育てよう

小さな子どもが使うテーブルや椅子はどうしても傷がついたり汚れたりしてしまいます。そんな場合に備えて、傷や汚れに強い素材のものを選んでおくと、見守るママの気持ちも穏やかでいられるはず。

子供を叱らずのびのび育てるために、そんな環境を作ってあげたいですよね。カリモクなら、傷や汚れに強い家具をたくさん取り扱っています。この機会にぜひ1度、カリモクのショールームへ行って実物を見てみてはいかがですか?


実際の家具をチェック!