カリモク家具

デスク座談会

テーマ
自宅の快適な
ワーキングスペースを考える

テーマは「自宅の快適なワーキングスペースを考える」

昨今の"働き方改革"への注目とともに、「テレワーク」や「在宅ワーク」といった働き方に関するワードも耳にする機会が増えてきました。
カリモクではこうした時代背景のもと、"働く空間をより快適にしたい"という思いに貢献できるよう、ものづくりや空間提案に取り組んでおります。

その取組みの一環として、2018年1月に「自宅の快適なワーキングスペースを考える」をテーマに大人デスクの座談会を開催いたしました。

ご自宅で実際にデスクを使われている方8名にお越しいただき、工夫されている点やお悩み、デスクの必要性などをお聞きしました。

Index
置き場所に困るプリンターやルーター
女性と男性で分かれた意見
デスクチェアを体感
デスクにほしい要素とは

参加者のご紹介

①デスクの所有形態 ②デスクの設置場所

  • Aさん(男性)
    ①自分用
    ②書斎
  • Bさん(男性)
    ①自分用
    ②書斎
  • Cさん(男性)
    ①自分用
    ②リビングダイニング
  • Dさん(男性)
    ①自分用
    ②リビングダイニング
  • Eさん(男性)
    ①共有
    ②リビングダイニング
  • Fさん(女性)
    ①自分用
    ②書斎
  • Gさん(女性)
    ①共有
    ②書斎
  • Hさん(女性)
    ①共有
    ②リビングダイニング

周辺機器の置き場所に、多くの方がお悩みでした。

"プリンター"や"ルーター"は
机の上に置きたくない!!

  • 最近はデザインの良いプリンターも増えてきていますが、それでもインテリアとしてはあまり見せたくないです。

    Hさん

  • ダイニングにパソコンとプリンターを置いているのですが、せっかくシンプルなダイニングを選んだのに配線がごちゃごちゃして気になっています。

    Aさん

  • 私の家では、デスクと並べて置いているキャビネットに扉で隠せるスペースがあるので、そこにコード類をまとめています。

    Eさん

  • 地震が怖いので、プリンターはあまり上のほうには置きたくないです。

    Fさん

  • ルーターも困っています。
    シンプルにすっきりさせたいのに…

    Gさん

こんなアイテムもおすすめ!

プリンタワゴン ST0075MS
大きなプリンターを、デスクの下に収納することにより机の上を広々、スッキリ使えます。

詳しくはこちら

女性と男性ではっきり意見が分かれました。

女性は「リビング・ダイニング」で

  • 家に居ると、掃除しなきゃとか洗濯物取り込まなきゃとか家事のことが気になるので、ダイニングテーブルで作業することも多いです。

    Fさん

  • 在宅でも仕事をしているのですが、家だとどうしても能率が落ちちゃうので結局会社に戻ることも。家ではどちらかというと小刻みにやっています。

    Hさん

  • マイホーム購入検討中なのですが、主人は「書斎がほしい」しか言わないです。私はリビングにスタディデスクを置いて、子供が宿題やったり私がちょっとパソコンできたらいいなと思います。シンプルで素敵なデスクにしたいです。

    Gさん

「書斎」は男の憧れ

  • 自分の書斎が欲しかったので、デスクは建て替えのタイミングで購入しました。書斎にいるとリラックスできます。何か作業をするときでなくてもやっぱりいるだけで落ち着きますね。いずれは子供の勉強机にする予定です。

    Aさん

  • 今はデスクを家族兼用で使っていて手狭なので、いずれは自分用のデスクもほしいです。

    Eさん

デスクチェアに座りながらご参加いただきました

座談会中はカリモクのデスクチェアに実際にお座りいただき、その感想もお聞きしました。

「座り心地」は重要なポイント!

  • デスクチェアを選ぶ基準はやっぱり座り心地ですね。

    Hさん

  • 子供が使っていた座面が板になっている椅子を使っているのですが、大人にはやっぱり座りにくいです。

    Fさん

  • 模様替えのことを考えると使い回しできるようなものがいいですね。子供も使うのであれば回転式やキャスターは避けたいです。

    Gさん

  • 全然疲れないですね。男の人は後ろに寄り掛かかれると楽ですよね。

    Aさん

    このチェアにお座りいただいていました

    XU60モデル

    詳しくはこちら

  • このチェアの色違いを購入したのですが、座り心地が他と全然違いました。

    Dさん

    このチェアにお座りいただいていました

    XT58モデル

    詳しくはこちら

「座り心地研究の椅子」の認定マーク

Ergonomic Intelligent System

最新のエルゴノミクスに基づいて定めた7つの項目「官能検査」「官能評価」「人体寸法計測」「体圧分散測定」「骨盤傾斜角測定」「血流測定」「着座姿勢角度測定」すべてにおいて、適正な基準値を保っていると認められた商品にのみ、カリモクオリジナルの認定マークがつけられています。

デスクにほしい要素をお聞きしました。

資料を広げられる
「スペース」が欲しい!

  • デスクの上のスペースだけでは足りないので、私は引き出しを書類置きにして使っています。

    Fさん

  • 用途に合わせてちょっと伸ばせたりできるものがあると良いですね。

    Hさん

  • 物を下に置きたくないですし、頻繁に使うものもあるのでデスクに引き出しは付いていてほしいです。デスクトップのパソコンを使用しているので、デスクはその置き場所としての役割もあります。

    Cさん

  • L型のデスクが欲しいです。私の場合、面積が非常に重要で、パソコンで言うと面積はメモリ、引き出しはハードディスクのようなものだと思うので、それをいかに確保できるかがポイントです。下に本なども収納したいです。

    Bさん

こんな組合せもおすすめ!


  • デスクSS3458ME

  • 書棚QS4082ME

「ユーティリティプラス」シリーズのデスクと書棚を組み合わせることでL型デスクに。身体の近くに作業スペースをしっかり確保できます。 書棚の棚板は高さや向きを変えることができ、両面使いも可能です。

「ユーティリティプラス」の詳細はこちら

座談会後にショールーム見学

座談会終了後にデスクのブランドマネージャーを交え、ショールームを見学いただきました。デスクに限らず、リビングの収納アイテムなどにも注目いただき有意義な意見交換の場となりました。

カリモク担当者のコメント

デスクを置いている場所はそれぞれでも、皆さま「デスクの必要性」を感じておられました。作業をするためのパソコンデスクとしての役割はもちろん、"自分の場所ができてリラックスできる""ダイニングテーブルにモノが散らからなくてすむ""大人が学習できる環境を作れる"そんな効果もあるようです。
デスクがあることで、その空間に役割が生まれることもあるようですね。

PAGE TOP