子どもが生まれて家族が増えると、いよいよ我が家もマイホームを...と考える人も少なくないでしょう。子どもが小さいうちに住宅を購入するなら、子育てをしやすい家であることを重視したいもの。そんな時、マンションと一戸建てのどちらが子育て世代に住みやすいのか、考えてしまいますね。マンションか一戸建てかを選ぶためには、それぞれのメリット・デメリットをしっかり知っておくことが大切です。

住宅購入を検討する時には、子育てしやすく、家族みんなが心地よい家がいったいどちらなのかを考えましょう。


子育てを考えてマンションか一戸建てかを見極めるためには?

子育て世代の人が新築の住宅を購入しようと考える時、マンションか一戸建てのどちらがいいかという悩みはつきものです。住む地域や家族構成、ライフスタイルなどによってもどちらに利点があるのかは変わってきますが、シンプルに子育てのことだけを考えるとどうなのでしょう。

どちらがいいのかを見極めるためには、それぞれの良し悪しをしっかり把握しておくことが重要です。マンションも一戸建ても、子育てするにはお互いににメリット・デメリットがあります。子どもをどんな環境で育てたいかを考えながら、チェックしていきましょう。


マンションと一戸建てのメリット・デメリットを紹介

マンションと一戸建てにおいて、子育てすることで考えられるメリット・デメリットを挙げていきます。それぞれのポイントから子どもがのびのびと楽しく過ごせる家がどちらなのかを見極めることが大切です。


マンションに住む上でのメリット

・マンションは1 フロアなので、子どもがどの部屋にいても目が届きやすい
・新築マンションなら同世代の家族が多く、近所付き合いがスムーズにいきやすい


マンションに住む上でのデメリット

・家の中で騒いだり走ったりすると周りの住民に迷惑がかかる
・部屋が広くないので子どもがのびのびと遊べず、できることが限られる


一戸建てに住む上でのメリット

・家の中で騒いだり走ったりしても、周りに気を使わなくて済む
・庭でプールやバーベキュー、家庭菜園が楽しめる
・空間が広くて遊ぶ場所がたくさんあるので、子どもが自由に楽しめる


一戸建てに住む上でのデメリット

・親と離れた場所や別の階に子どもがいると、目が行き届きにくくなる
・階段がある家だと、子どもが小さい内は危険


子どもがのびのびと過ごせる家は一戸建て

7-7-2.jpg

マンションと一戸建てのメリット・デメリットを知った上で、子育てをするならどちらがいいかを考えてみましょう。子育てしやすい家とは、子どもがのびのびと過ごせ、親もストレスが少なくてすむ空間です。そう考えると、一戸建ての方が適しているのではないでしょうか。

一戸建てのメリットは子どもが走り回っても周りに迷惑をかけず、広い部屋や庭で好きな遊びができること。それは子どもがのびのびと過ごせるということにつながります。一方のマンション住まいでは子どもは体を使って思う存分遊べず、親も静かにさせなければと気疲れしてしまい、お互いにストレスを感じてしまう場合も。

一戸建ては、親が穏やかな気持ちで子どものしたい遊びをさせてあげられる住宅といえますよね。

また、庭で家庭菜園をしたり水浴びをしたりして、屋外での体験を通した親子のふれあいが多くなるのも一戸建てならでは。あっという間に大きくなる子供と少しでも多くの時間を共に過ごしたいと考えるなら、やはり一戸建ての方が向いていると思いませんか?

我が家は、結婚後、夫婦で2LDKのマンションに住んでいました。子どもができたことをきっかけに一戸建てに引っ越しましたが、子どもがパパと追いかけっこしたり、庭でシャボン玉をして遊んだりしているのを見ると一戸建てを選んで正解!と思います。

予算や家族のライフスタイルなど、さまざまな条件が整うのならば、子育てには一戸建てを選ぶ方がおすすめです。


子育てのしやすさは一戸建ての間取り選びから

マンションと一戸建てのメリット・デメリットを知り、子育て世代が購入する住宅なら一戸建てがオススメという話をしました。そんな一戸建ては、マンションと違って間取りがさまざまなことも特徴です。子育てをする上での住宅を考える場合は、その間取り選びはとても重要。子どもがのびのびと過ごせて、家事もしやすい間取りとはどんなものでしょう?

一戸建てを検討するにあたって、子育てしやすい間取りについては早めにチェックしておきたいものです。次の記事では、子育て世代におすすめの一戸建ての間取りについて紹介しています。ぜひ参考にして、子育てしやすい家を手に入れましょう。