もっと知りたい 家具のこと、暮らしのこと

はじめての家具選び|はじめての家具選びにはどなたも悩まれます。後のち「失敗した!」とならないためにも、まずは家具のことをいろいろ知っておきましょう。ここでは代表的な家具選びのポイントをご紹介します。

テレビボード編

テレビボードの種類について

テレビボードにはさまざまな種類があります。設置場所や収納量、使い方に合わせて選びましょう。

ローボードタイプ

圧迫感がないため、お部屋を広く見せたい方におすすめです。

ハイボードタイプ

テレビまわりのものやリビングで使うものが、たっぷり収納できます。

組み合わせタイプ

収納するものやスペースに合わせて、組み合わせることができます。

音響機器対応タイプ

AV機器を本格的に楽しみたい人におすすめです。

コーナータイプ

お部屋のスペースを、有効に活用できます。

コーナーハイタイプ

お部屋のスペースを有効に活用でき、収納スペースも充実。

天板回転式タイプ

見る角度が自由に調整できます。

テレビの最適な視聴距離について

テレビを見る時の最適な視聴距離は「画面の高さの約3倍」とされています。
テレビの大型化により、近すぎても視線が必要以上に動いて眼球が疲れてしまいますし、
遠すぎても視線が集中し過ぎて疲れてしまいます。家具をレイアウトする時は、視聴距離も考慮しましょう。

画面の高さ/視聴距離

テレビボードの高さについて

テレビボードの高さは、どこでテレビを見るかによって異なります。
床に座って見るなら低めのものを、ダイニングなど椅子に座って見るなら高めのものが良いでしょう。
テレビの中心を見たとき、少し目線が下がるぐらいの高さを選びましょう。

床座りでテレビを見るなら/ソファーでしっかりテレビを見るなら/ダイニングからでもよく見えます

扉の種類について

扉の開き方には、大きく分けてフラップ・開き戸・引き戸の3タイプがありますが、
扉を開けるときに必要なスペースと、奥の収納物の取りやすさに違いがあります。

開き戸

扉の面積が小さいので、必要な扉だけを楽に開閉できます。
ボードの前まで踏み込めるので、奥のものが取り出しやすいタイプです。

フラップ扉

扉の面積が大きいので、1回の開閉ですべての収納物に手が届きます。他の扉と比較して扉の開閉に力が必要なので、お子様が機器に触れにくくイタズラ防止にもなります。

扉の開閉が楽々!ものの出し入れ時の身体への負担が少ないですね。/たくさんのものの出し入れが楽なのがこのタイプ
引き扉

扉の開閉スペースが必要ないので、ボード前のスペースが有効活用できます。ボードの前まで踏み込めるので、奥のものが取り出しやすいタイプです。

ボードの前が広々使えるのがうれしいですね。

ボードとテレビの幅の理想のサイズについて

安定

今一番売れているテレビのサイズは、①42V、46V ②52Vと言われています。テレビの幅と同じ幅があるボードであれば機能的には問題はないのですが、テレビの幅サイズよりも余裕のある大きさのボードを選ぶと安定感が増し、バランスよく見えます。また、テレビの買い換え時には今より大きいサイズにする方がほとんどです。将来の買い換えを見すえた幅サイズにしておくことが重要です。

幅150cm高さ40cmのテレビボードとテレビサイズの比率/幅180cm高さ40cmのテレビボードとテレビサイズの比率

収納について

テレビボードを選ぶときに意外と重要なのが収納量です。
テレビ周辺で使うものには、DVDデッキ・CD・DVDソフト・ゲーム機などさまざまなものがあります。
これらをどこに収納したいかによってボードの収納量も変わってきます。TVボード+ミドルボードの組み合わせで、
リビングルームでよく使うものがすっきり収納できる万能タイプもあります。

お部屋を広々と使いたい人は
  • リビング空間をすっきり広々としたい。
  • よく使うものだけを片付けられる、すっきりとした収納スペースが欲しい。
圧迫感なく収納スペースが欲しい人は
  • 部屋に圧迫感は出さずに収納スペースがたくさん欲しい。
  • リビングルームでよく使うものは、すぐ近くに収納したい。
  • 使う場所のすぐ近くに収納計画を立てて片付けの時間を減らしたい。
同じデザインの収納タワーを組み合わせれば見た目はすっきり、収納はしっかり!

テレビボードの耐荷重について

テレビは薄型になりましたが、画面サイズが大きくなっているため、重量は見た目ほど軽くありません。ご購入後天板が反ってしまったということのないように、事前にテレビボードの耐荷重を必ず確認しましょう。

脚のデザインについて

高さが同じなら台輪が下まであるデザインの方が、ものがたっぷりはいります。
一方、上げ脚デザインのものは、床からTVボードまで隙間があり床がたくさん見えるので、空間に広がりがでて、圧迫感が減ります。
ただ、台輪が下まであるタイプに比べ、高さが同じ場合は収納量が少なくなります。