新しいリビング学習のかたち

こんにちは。
デスク担当のタカハシです。
 
夏休みはいつも以上に家族と一緒に過ごせたという方も多いのではないでしょうか。
家族を身近に感じることができる時間は大切にしたいものですよね。
 
ShareDesk_1.jpg 
 
 「普段は仕事で帰りが遅い」「土日は仕事を休めない」など、
お子さんと会える時間をなかなか確保できないというお父さん、お母さん。
 
リビングダイニングに"家族のコト"をシェアできる場所をつくりませんか?
 
ShareDesk_2.jpg
机はお子さんの勉強のためだけでなく、パパの趣味、ママの好きなこと、
家族がそれぞれ自分のことをする場所に。ときには親子で、兄弟で一緒に。
 
ShareDesk_3.jpg
そこに、家族の関心事がわかるような「見える収納スペース」、
スケジュールやメッセージを書き込める「伝えられるスペース」を設ければ、
コミュニケーションのきっかけになる。
 
そんな発想から生まれた考え方を、
『Family Share Desk(ファミリーシェアデスク)』と名付けて提案しています。
 
詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.karimoku.co.jp/gakusyu/sharedesk/

コメントする

2019年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

リンク