本物の証「ナチュラルマーク」。カリモクでは革本来の味わいと考えています。

本革へのこだわり。

本物の証「ナチュラルマーク」

※写真は牛の革半頭分を広げたものです。たくさんのナチュラルマークが含まれています。

「ナチュラルマークって?」天然素材だからこその魅力。

カリモクの本革製ソファーは、革本来の持つ特性と風合いを最大限に生かすため、天然皮革の素材感にこだわり、革の表面に必ず残る牛の天然傷をあえて隠さずそのまま使用。表面に現れる傷ややけ等が、まさに本物の革を見極めるポイントとなります。カリモクでは、その天然傷を「ナチュラルマーク」と呼び、貴重な天然素材である革製品の「本物の証」として使用しています。

厳選された“銀付きの本革”は本物の証。

もっとも革らしい、自然な質感が特長。

銀付き革とは、「銀面」という乳頭層の表面を活かしてスライスした革をいいます。素肌の魅力を大切にした、もっとも革らしい自然な質感が特長。
通常は、1.2ミリ~1.6ミリが家具用革の標準的な厚さです。
この銀付き革を取り除いた「残りの網状層の革」を「床革」と言い、銀付き革に比べ強度が劣ってしましいます。
一般的に言われる人工的な型押しなどはせず、カリモク独自のシボ調整をし、出来る限り塗膜も薄く仕上げることで素に近い状態を実現。本革の特長を最大限に活かした状態で、製品化しているのです。

銀付き革

銀付きの本革の中でも、「リーベル」は本格派仕上げの革です。

「リーベル」は、革の持つ風合いを生かすため、表皮をそのまま生かしたなめし加工が施されています。また、塗装は主に染料を使用し、できる限り塗膜を薄くすることでソフトな手触りを追及しました。
使い込む程に味わい深くなる、本物の質感をお楽しみください。

リーベル

リーベル

※ショールームでは、「リーベル」の革を触り比べていただけます。

あえて“ひと手間”にこだわる。
つまりは、それが“カリモクらしさ”。

職人の手により厳選された、最高級ランクの原皮を使用。

牛(革)の傷もさまざま。治りキズ、血筋、生きジワ、差し毛、グラブ・・・。腹部はシボが荒くやわらかいといった特徴もあります。こうした傷を隠さずに使用するからこそ、入荷した革は原皮の段階から、一枚一枚職人が厚みやナチュラルマークの選別を行います。カリモクの商品には、こうして厳選された最高級ランクの原皮を使用しています。

シボ(革の表面に見られるシワ模様)

“天然皮革”の素材感を、あなたのもとへ届けます。

自分だけの家具、こだわるならやっぱり本革です。

本来の革は人間の皮膚のように保湿性・通気性がよく、伸びる特性があるため、体に触れても心地よく、ソファーに座った時も引っ張り感を軽減し、からだにフィットしてくれます。カリモク家具では、お客様に愛される家具を提供するために、素材について徹底的にこだわり抜きます。こうしてできたソファーは、同じ肌合いのものは2つとなく、天然素材の持つ本来の温かさ、優しさ、風合いを十分に味わっていただけます。

Special Movie
カリモク本革へのこだわり

質の高いものを厳選し、確かの素材だけを使用する。
そんなカリモクのこだわりを紹介しています。

ぜひ本物の革の風合い、感触をご体感ください。
実際に、触れて、座って体感してみよう!

こうしてできたソファーは同じ肌合いのものは2つとなく、天然素材のもつ本来の温かさ、優しさ、風合いを十分に味わっていただけます。

カリモクの家具はどこで見られるの?