カリモクの「安心・安全」への取り組みが

経済産業省 平成24年度 製品安全対策優良企業表彰 商務流通保安審議官賞を受賞しました

製品安全対策優良企業表彰

受賞のポイント

自社独自の設計基準、試験規格・基準を策定して製品の安全性を検証

国内外の規格をペースに、製品安全に関する設計基準や各種試験規格・基準を独自に設定している。
製品事故防止のための追加試験を実施し、耐久性、転倒性などの安全性を検証している。

製品特性に合わせて表示等による注意喚起を実施

電気部品が付属する机など製品の特性によって、取扱い上の注意喚起などが必要な場合は、標準の組立説明書、取扱説明書に加えて、下げ札・警告紙などを商品に貼付して、事故予防に努めている。

消費者の声を収集・分析して製品の安全対策に活用

自社の展示会や耐震セミナーなどを通じて、製品の正しい設置方法や取扱い方法について消費者に情報提供し、また消費者の意見を収集している。こうした消費者の声を参考にして、製品に様々な安全対策(転倒、落下、飛び出し等の防止)を施している。

カリモク家具株式会社

製品安全対策優良企業表彰とは

経済産業省により、企業全体で製品安全活動に取り組んでいる事業者に対して毎年行なわれているもので、今年で6回目となります。
【目的】 製品安全文化を定着させ安全・安心な社会構築を目的としているものです。

→ 経済産業省 製品安全対策優良企業表彰 http://www.ps-award.jp/