カリモクの歴史

1940昭和15年初代社長加藤正平は愛知県刈谷市に木工所を創業。1947昭和22年刈谷木材工業株式会社を設立。紡織機木部品を製造。1949昭和24年紡織機輸出用梱包函の製造を開始。 1951昭和26年高度な木工技術を必要とするミシンのテーブル部分を製造。1957昭和32年製材木取工場や乾燥室など本格的な木工技術を支える設備環境を拡充。1959昭和34年輸出家具の木製部の生産を開始。 1962昭和37年自社製品として国産家具の生産・販売を開始。1964昭和39年カリモク家具販売株式会社を設立。カリモクの家具を全国へ。1973昭和48年カリモクの家具を体感できるショールームを本社にオープン。 1983昭和58年海外の様式を取り入れた、ハイクオリティブランド「ドマーニ」発表。2005平成17年ケルン国際家具見本市出品など海外への出展を開始。2010平成22年サービスの更なる向上を目指して刈谷木材工業株式会社とカリモク家具販売株式会社を統合し、「カリモク家具株式会社」設立。