木と人の家具 karimoku カリモク家具

ファミリーシェアデスク

LD(リビング・ダイニング)は、もっと家族がつながる場所になる。

Living/Dining

リビング・ダイニングは家族が集い、食事をし、くつろげる。
そして家族がコミュニケーションできる場所。

同じデスクを家族で使い、家族それぞれ自分のコトをこの場所で。
パパの趣味、ママの好きなこと、子どもたちが夢中なこと、家族みんなでシェアすれば、もっと家族がひとつになれる。
そんな発想で生まれた考え方が「ファミリーシェアデスク」です。

リビング・ダイニングに家族のコトを共有できるスペースがあれば、単なる空間の有効活用だけでなく、そこには、家族をもっと身近に感じながらいっしょに成長できる、家族がつながるコミュニケーションが生まれます。

  • 1家族でデスクをシェア

    家族がそれぞれ、ときにはいっしょに。
    さまざまな使い方でシェアできる「ワークスペース」

    親子で、兄弟で一緒に勉強したり、工作したり、思いっきりできるように広めのスペースを確保しましょう。

    リビング・ダイニングの役割を明確に。

    ダイニングは食事・リビングは
    くつろぎの場として確保。

    おすすめデスク
    ボナ シェルタ
    ユーティリティプラス
  • 2家族で収納をシェア

    家族がそれぞれのモノを片付けられる「見える収納スペース」

    モノが散らかりがちなリビング・ダイニングをスッキリ整理。デスクで使うものはすぐ近くに収納。お子さまのお片付けの習慣づけにも。家族の関心事がわかるようにオープン収納にするのもポイントです。

    いろんなことに興味や好奇心を持つきっかけやお片付けの習慣づけなど家族のルールを守る大切さを学ぶ。

    「自ら学ぶ力」を育む。

    おすすめ書棚

  • 3家族でコトをシェア

    家族がそれぞれの「できごと」や家族へのメッセージを「伝えられるスペース」

    家族みんなの予定や伝言が書けるボードを用意しましょう。家族の思い出の写真を飾るのもよいです。スケジュールやメッセージでお互いのことがわかり、家族のコミュニケーションのきっかけにもなります。

    いっしょに過ごせない時間も家族を身近に感じることができる。

    家族の絆が深まる。

大きくなったら…それぞれの部屋へ

愛着のあるデスクだから、

ずっと永く使える。