デスクに関するアンケート結果発表

デスクの利用状況を把握したく、カリモクのメルマガ会員様を中心にアンケート調査を実施しました。
回答数も多く、デスクへの関心の強さが伺えます。是非、デスク選びのご参考にしてください。

約60%がデスクを利用中。マンションよりも戸建てのほうが利用割合は多い。

Q.あなたはデスクを利用していますか?1つお選びください。
ポイント

デスクの利用状況は、約60%が「利用している」と回答。性別で見ると、デスクを利用しているのは男性が65.9%、女性は51.1%。男性の方が割合は多いが、女性も半数以上がデスクを利用している。

1番の目的は「パソコンを置くため」。趣味や仕事の目的よりも「自分のスペースを作るため」が2位に入る。

Q.デスクを利用している目的をお教えください。全てお選びください。
ポイント

「パソコンを置くため」が68.8%となり、デスクを利用する1番の目的に挙げられている。2番目は「自分のスペースを作るため」が43.8%。趣味や仕事のような「作業」のためだけでなく、家の中で「自分の場所」を作ろうとする気持ちがうかがえる。

デスクの置き場所は、男性が「書斎」、女性は「リビング」が最も多い。マンションでは、リビングに置く割合が多くなっている。

Q.デスクはどこに設置していますか?1つお選びください。
ポイント

女性は書斎よりもリビングにデスクを置く人が多くなっている。また、住居形態別では、書斎にデスクを置いているのは戸建て・マンションともに約40%とほぼ同じ割合だが、リビングに置いている割合がマンションのほうが2倍ほど多い。マンションでは部屋数やスペースの都合で、リビングへの設置を選択していると考えられる。

デスクに求めること上位3つは「シンプルなこと」「素材が上質なこと」「家具の統一感が保てること」。

Q.デスクに求める事は何ですか? 3つまでお選びください。
ポイント

約70%が「デザインがシンプルなこと」を求めている。2位・3位は「素材が上質なこと」「家具の統一感を保てること」が入り、部屋になじむ上質感が求められている様子がうかがえる。

チェアに求めることは、「長時間座っても疲れないこと」が84%で2位と倍以上の差をつけて1位。自由回答では「床を傷めないこと」を重視する声も。

Q.デスクチェアに求める事は何ですか? 3つまでお選びください。
ポイント

「長時間座っても疲れないこと」が84%となり、座り心地の良さが多くの利用者に求められている。また自由回答の意見では、「フローリングを傷めないこと」「天然木の床を傷つけないこと」と、椅子そのものよりも、床への影響を気にする声が見られた。

長時間座っても
快適なチェアは
コレ!
人間工学にもとづく研究により、体圧分散性を高めからだに負担の少ない姿勢をサポートします。
XT58モデル

XT58モデル

詳しくはこちら

デスクを持っていなくても、男女とも約80%は必要性を感じている。持っていない理由は「置く場所がないから」「リビングダイニングのテーブルを使っているから」

Q.「必要だが、持っていない」その理由をお教えください。全てお選びください。
ポイント

男女とも80%はデスクの必要性を感じている。デスクを持っていない理由は大きく2つに分かれ、「置く場所がないから」(67.2%)、「リビングダイニングのテーブルを使っているから」(64.1%)となった。他の理由と比べて、これら2つが群を抜いて高い。

Q.デスクにおいてお悩みがあれば教えてください。

デザインにシンプルさを求める一方で、引き出しなどの収納不足に悩んでいる

コメント
デザイン重視で選んだら引き出しが浅すぎて収納力がない。(女性・戸建て・30代)
事務所においているようなシンプルな机を使っています。
引き出しが浅く収納できないものが多い
です。(男性・戸建て・40代)
いまのデスクはとにかく引き出しなどの収納が少ないので、
いろんなサイズの引き出しがあれば助かります。(女性・戸建て・30代)
収納がないデスクを使用しているため、ついつい本などが散乱してしまうこと。(男性・賃貸マンション・20代)
シンプルなデザインが良いですが、ノートパソコンを置いたり、本などを置きたいと思ったらごちゃごちゃしてしまいます。(女性・賃貸マンション・30代)
デスクで作業中時に、ノートパソコンを置いておく場所がなく作業スペースが狭い。(女性・戸建て・50代)

まとめ

男女とも約半数の方はデスクを利用中で、パソコンを置くためや自分のスペースを作るためにデスクを利用しています。

デスクの設置は住居形態によるところも大きく、戸建てのほうがデスクを使っている人が多い結果でした。デスクを使っていない人も「置く場所がない」「リビングダイニングのテーブルを使っている」を理由に挙げる人が多く、必要性を感じながらも置けない状況がうかがえます。

シンプルなデスクが好まれる一方で、収納不足に悩んでいる方が多く、周辺アイテムの活用や工夫がポイントになっているようです。

カリモクからのアドバイス

今回のアンケートから ①デザイン性(シンプルデザイン) ②サイズ性(コンパクト~ワイドサイズまで) ③選択性(多彩な収納オプション)がデスクの関心ワードとして挙がりました。
好みや設置場所、使用用途等を加味してデスクや収納オプションをお選び下さい。

ボナシェルタ

ボナシェルタ ライフスタイルやスペースに合わせて、収納オプションを追加して、デスクを作りあげていく人気NO.1シリーズです。

詳しくはこちら
ユーティリティプラス

ユーティリティプラス 時代に左右されないデザインと、どんな空間にもフィットするサイズ性で様々なワークスタイルに応えます。

詳しくはこちら
スパイオユニット

スパイオユニット 天板や脚・ワゴンが組合せできるユニットデスク。書斎やファミリースペースまで、様々な空間に対応します。

詳しくはこちら