リビング学習で直面するのが学用品やプリント類、教科書などの収納の難しさです。「子どもがうまく片付けられない」、「文房具がいつも出しっぱなしになっている」など、リビング学習の収納に関する悩みを抱えるママやパパは多いのではないでしょうか。

リビングはそもそも家族がくつろぐ空間でもあり、できるだけすっきりとさせておきたいですよね。また、散らかった学習環境では子どもは集中力を欠きやすく、せっかくのリビング学習が逆効果になってしまいかねません。

そこでおすすめしたいのがカリモクのリビング学習に役立つ収納家具です。リビングが片付かない悩みを一挙に解決してくれる優れものばかり。今回はカリモクスタッフのママである筆者がリビング学習に最適な家具選びのコツと、おすすめのカリモク家具をご紹介します!


【リビング学習】すっきりしたリビングを保つには収納家具を活用!

リビング学習に取り組みやすく、かつ家族もくつろげるすっきりとしたリビング空間をつくるには、収納を工夫し、整理しやすいしくみをつくることが肝心です。

教科書や文房具、ランドセルなどを一挙に収納できる、リビング学習のための収納家具を活用しているご家庭も多いようです。リビング学習に必要なモノを集約して収納できることから、整理が苦手な子どもでも使いやすく、学用品などが他の場所に散らばる心配もありません。

最近ではさまざま種類のリビング学習に適した家具が数多く販売されています。ライフスタイルや子どもの使いやすさに応じた、家族にぴったりのアイテムを選ぶことで、リビング学習も家族のくつろぎ空間も両立させることができるはずです。


リビング学習にぴったりな収納家具の選び方

71-2.jpeg

リビング学習に活躍する収納家具はラックやワゴンが一般的です。とはいえ、ラックやワゴンであればどれでもいいというわけではありません。とくに子どもにとっての使いやすさや、整理しやすさに考慮して選ぶことがポイント。リビングの片付けがスムーズになり、すっきりとした空間をキープしやすくなります。そこでリビング学習のための収納家具は以下の点をチェックして選びましょう。

1.学用品を一箇所にまとめて収納できる

リビング学習には必要な教科書やドリル、文房具などを一箇所にまとめて収納できる家具が最適です。収納力が低いとリビングのあちこちに学用品が散らばり、部屋が片付きません。できるだけたっぷり収納できるよう工夫されているタイプを選びたいですね。

2.キャスター付きで移動させやすい

必要な学用品や教科書をひとまとめにして移動させられるよう、キャスター付きの収納家具がおすすめです。使いたい場所で使えるだけでなく、使わないときはリビングの隅を定位置にしておくと邪魔にならず、空間もすっきりします。

3.子どもが整理しやすい工夫が多い

子どもでも整理しやすいよう工夫された収納家具は使い勝手のよさはもちろん、自分自身で身の回りを片付ける習慣を身につけるきっかけにもなります。ママやパパが片付けを手伝う手間が減る点も助かりますよね。

4.中学生、高校生と成長しても使える

せっかく購入するのであれば、長く愛用できる家具を選びたいもの。高学年、中学生と成長するにしたがって参考書が増えたり、ランドセルが不要になったりと持ち物も変化します。そういった変化にフレキシブルに対応できる家具を選ぶと、長く愛用できます。

5.デザインがシンプルでインテリアを選ばない

リビング学習に使う収納家具はシンプルなデザインを選ぶと、リビング空間の雰囲気を邪魔することなくすっきりと見せられます。また、小学生の期間だけでなくその後も使うのであれば、無駄な装飾のない家具の方が長く愛用できるはずです。