玄関や棚の上に雑貨を置いたディスプレイや、日用品などをオープンスタイルでしまう「見せる収納」など、自分好みに空間を飾って彩るのは楽しいものですよね。しかし、なんだかセンスよく見えない、他のインテリアとのバランスがとれないと感じている方は多いのではないでしょうか。

そこで見直したいのが家具です。せっかく雑貨やお気に入りのアイテムを一角に飾っても、家具そのものとの相性が悪いと途端に野暮ったくなってしまうもの。空間全体のセンスアップを狙うなら、家具にもこだわりたいですよね。そこで今回はディスプレイや収納のおしゃれ度をワンランクアップさせる家具について紹介し、あわせてカリモクスタッフである筆者がおすすめしたいカリモク家具もご紹介します。

ディスプレイをさらにセンスよく飾るための家具選び

家具は、いわばディスプレイや収納のステージ。土台となるステージにもこだわってこそ、その上に飾るモノたちが映えるというものです。そこでまず、センスのよいディスプレイや収納をつくるのに役立つ家具選びのポイントを紹介します。

シンプルデザインであること

まず、必要以上の装飾がなく、シンプルであることは欠かせない条件です。個性的なデザインやカラフルな色使いの家具は、それはそれとして魅力的ですが、ディスプレイや見せる収納を映えさせるには少しインパクトが強すぎることもあり、注意が必要。雑貨などを飾るステージであるという点を考えるならシンプルなデザインがベストです。さらに質のよさをうかがわせるような素材やつくりなら、品よくまとまります。

自由にレイアウトできること

シェルフや引き出しなどの収納アイテムを組み合わせ、自由にレイアウトできるタイプの家具なら自分だけの飾り方の楽しみを見つけられます。「こんなふうに飾りたい!」という思いにも柔軟に対応でき、ディスプレイや収納を考えるのがますます楽しくなりそうです。


家具を活用しておしゃれにディスプレイを飾るポイント


91-2.jpg

ディスプレイや収納にぴったりな家具を見つけたら、さっそく雑貨を飾ったり収納したりしたくなりますよね。しかし、ただ置くだけではおしゃれに見えにくいものです。そこで家具をうまく活用し、ディスプレイや収納をセンスよく見せるポイントを紹介します。

家具と飾りたいアイテムのテイストを合わせる

家具と飾りたい雑貨やアイテムのテイストを合わせることで、まとまった雰囲気になり、すっきりと見えます。たとえば自然で素朴なテイストが特徴の木製家具ならウッディな雑貨や観葉植物、ナチュラル素材のバスケットなどを中心に合わせるとぴったり。一方、アイアンなどの金属が使われた家具なら、シャープな印象の雑貨やアイテムを合わせるとしっくりなじみます。

「飾る」と「隠す」をバランスよく

飾ったり見せたりするモノはできるだけ厳選し、「飾る」だけでなく「隠す」ことも意識します。あれもこれも飾るとどれが主役なのか分からず、全体がぼんやりとした印象になってしまいます。見せたいモノは厳選し、それ以外の日用雑貨類はバスケットやカゴに入れるなどして収納するとよいですね。扉収納がある家具なら、そこへ入れておいてもOKです。