子どもにいろいろなお手伝いを進んでしてもらいたい時は、子どもがやりやすいように環境を整えてあげるのがおすすめです。そんな時に取り入れたいのが、親子で使いやすい機能的な家具。
料理作りがしやすかったり、お片付けが簡単にできたりするような家具があれば子どもがお手伝いしやすくなって、親子で一緒に家事をする機会も増えるのではないでしょうか?

そこで今回は、子どものお手伝いがしやすくなる、カリモクおすすめの家具について紹介します。
カリモクには子どもも大人も使いやすい機能性の高い家具がたくさん。親子で家事をするのに役立つものも豊富なので、気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。

【キチット】お手伝いがはかどる収納力ばっちりのキッチンボード

89-2.jpg

食器や食品などがまとめて収納できて子どもも取りやすいキッチンボード

カリモクのキチットは、調理家電や食器からゴミ箱、食品ストックまでまるごと収納できるキッチンボード。
キッチンのいろいろなものが一か所にまとめておけるので、子どもに「○○を取ってくれる?」とお手伝いしてもらう時にも、食器や食品をスムーズに見つけることができます。

低い位置に収納したものなら子どもの手でも取りやすいので、お手伝いがしやすいように収納場所を工夫してあげるといいですね。お箸や食器を並べるお手伝いがはかどる収納にするのもおすすめです。
キャビネットの扉裏にはドアポケットが備わっていて小物を収納しておけます。食卓で使う調味料やコースターなどを収納しておけば、子どもに運んでもらうこともできますね。

キチットのカウンターはお手伝いの作業スペースとして便利

89-3.jpg

キチットのカウンターがあれば、天板上を作業スペースとして使うことができます。 子どもに料理を手伝ってもらう時も、材料や道具を広げられるので親子並んでの作業がしやすくなりますよ。

カウンターの天板にはメラミン化粧板を使っており、耐熱・耐水・防汚性に優れているのがポイント。粉や水分がこぼれてしまってもサッと拭けばきれいになるので、子どもも安心して使えますよ。


【DW6426モデル】親子での料理やお菓子作りがしやすくなる伸長式ダイニングテーブル


89-4.jpg

伸長式のダイニングテーブルがあれば必要に応じて天板を広げて使えるので、親子でお菓子作りや料理をする時に役立ちます。
DW6426モデルは、脚を動かして補助天板をのせるだけで簡単に伸長できるテーブル。普段は1350mmのコンパクトな幅で使用し、必要な時だけ幅1800mmの大きなテーブルにすることができます。

89-5.jpg

クッキーやパン、餃子などをつくる時に作業スペースが広々使えるので、子どもと楽しく料理やお菓子作りができますよね。兄弟と一緒にお手伝いする時もそれぞれのスペースを確保してあげられます。
また、ホットプレートを出して家族みんなで調理しながら食事を楽しむ時も、伸長式テーブルがあれば材料やお皿をたくさん置けるので便利です。