おうち時間が長くなると家族みんながリビングダイニングで過ごす時間も増えますよね。その中でも特にソファに座っていることが多くなっているのではないでしょうか?
ソファではテレビを見たり、本を読んだりなど、家族がそれぞれやりたいことをできるスペースです。そんなソファで過ごす時間をさらに快適にするにはサイドテーブルをあわせるのがおすすめ。
手元に必要なものを置いておけるので周りが散らからず、PCテーブル代わりにもなるなど、いろいろな使い方ができますよ。

そこで今回は、おすすめのカリモクサイドテーブルについて紹介します。サイズやデザイン、移動のしやすさなど、どんな風に使うのかを考えながらソファと相性ぴったりなものを選ぶことが大切です。
ソファで過ごす時間をさらに心地よくしたい人はぜひチェックしてくださいね。

心地よい空間作りにはサイドテーブルがあると便利

61-2.jpg

おうち時間が増えることで家族と共に過ごす時間が長くなると、ストレスを感じる場合もありますよね。そんな時は一緒に過ごすリビングの空間で、それぞれが程よい距離を保てるように工夫するのがおすすめ。
家具のレイアウトを見直したり、間仕切りできる家具を導入したりしてパーソナルなスペースを設けると心地よい空間が作れます。
そして、もっと手軽で便利なのがソファにサイドテーブルを組み合わせる方法です。

長いおうち時間で、テレビや映画を見たり、ゲームをしたり、雑誌を読んだりとソファで過ごすことも増えているのではないでしょうか?
ソファで過ごす時にサイドテーブルがあると、手元に必要なものが置けたり、PC作業ができたりと便利なことがたくさん。生活スタイルが変化した今こそ、サイドテーブルが大活躍しますよ!


ソファにサイドテーブルを合わせるメリットとは?

61-3.jpg

サイドテーブルをソファにあわせるとどんなメリットがあるのか紹介していきます。コンパクトなサイドテーブル1つあるだけで、ソファでの過ごし方がグッと快適になりますよ。

コンパクトで省スペースに置ける

サイドテーブルはコンパクトで場所を取らないのが大きなポイント。ソファに差し込んで使えるものならさらに省スペースなので、狭いお部屋でも取り入れやすいです。
圧迫感が少ないため、リビングテーブルを置くスペースがない場合でもサイドテーブルなら置きやすいでしょう 。また、リビングテーブルを置かないことでソファ前のスペースを広く取ることができるため、子どもが遊ぶ場所を確保することもできますよ。

ソファに座ったままものが取れる

サイドテーブルがあるとソファに座ったままで飲み物やお菓子、スマホなどに手が届きます。ソファに腰を下ろした時はリラックスしたいですよね。飲み物やお菓子などを取るためにいちいち腰を上げるのはちょっと億劫になるもの。
そんな時に手元にテーブルがあると背もたれに身体を預けたままでも必要なものに手が届き、快適な時間を作ってくれますよ。
筆者もソファに座ってお茶を飲みながら本をじっくり読みたい時には、サイドテーブルを近くに寄せてカップを取れるようにしています。

2人で座る時にソファに程よい距離を作れる

ソファの真ん中にサイドテーブルを差し込むようにして使うとソファを仕切ることができるので、同じソファに2人座ってもそれぞれに程よい距離が作れます。
お互いに違うことをしたい時にも相手のことが気になりにくく、簡単にパーソナルスペースを確保できますよ。

PCデスク代わりにも

ソファに座った時に身体の前まで引き寄せられる形状のサイドテーブルなら、ソファでPC作業をしたい時にも役立ちます。
PCデスクの代わりになるので、テレワークでのワークスペースの確保ができない時にも役立ちますよ。
もちろんPCを使わない時はサイドテーブルとしてソファでくつろぐ時に活用できるので、2wayの使い方ができますね。


ソファと相性のいいサイドテーブルの選び方

ソファとセットで使うサイドテーブルは、相性のいい高さやデザイン を選ぶことも大切です。

パソコンなどの作業に使うならテーブルと同じくらいの高さが必要。飲み物やスマホを置く程度なら肘と同じくらいの高さを目安に選ぶと使い勝手がいいでしょう。
座面よりも天板が高くて、シートの奥まで引き込めるテーブルなら、より近くに寄せて使え、手を伸ばさなくても届くのでさらに快適に使えます。

デザインは、ソファのボリュームに合わせて選ぶのがコツ。
繊細なラインのソファには線の細いサイドテーブルを、どっしりとしたサイドテーブルではしっかりしたものをチョイスするなど、アンバランスにならないようにすると他のインテリアの邪魔になりません。

また、サイドテーブルは使いたい場所に動かすので、お部屋全体のテイストと合わせて、どこに置いてもバランスがとれる色を選ぶことがおすすめです。