子供が使う家具を選ぶ時は、成長しても長く使い続けられるような機能とデザインを備えたものがおすすめです。
置く場所や使い方を限定しない収納家具ならおもちゃから学用品、PC周辺機器までと、子どもの持ち物が大きく変わっても使い続けることができます。

今回は、そんな時に役立つカリモクおすすめの家具を紹介します。おもちゃや学用品の収納に役立つ家具をはじめ、体が大きくなっても使えるデスクチェアもあわせてご紹介。
子どものための家具について悩んでいる人はぜひチェックしてくださいね。



子どもから大人まで長く使える家具を選ぼう

75-2.jpg

子どものための家具を選ぶ時は、どんなものがいいのか迷うことも少なくないと思います。小さい子どもでも使いやすいのはもちろん、できれば長く使えるものの方が助かりますよね。
特におもちゃ収納に使う家具やダイニングチェアは、子ども専用のものを選ぶと、買い替えが必要になってしまう場合もあります。

我が家では、子どもがダイニングテーブルで食事をする時にベビーチェアを使っていたのですが、数年使ったらサイズアウトになり、買い替えが必要になってしまいました。あっという間に使えなくなったので子どもの成長を喜ぶ半面、勿体ないなぁという気持ちも大きかったです。

そんな時には子どもだけでなく、学生や大人になっても使えるような機能性とデザイン性を兼ね備えた家具を選んでおくと安心ですよね。
収納家具の場合は、おもちゃから学用品、PC周辺機器など収納したいものの変化に対応でき、椅子なら成長にあわせて座面の高さを変えられるものだと長く使い続けられます。

今回はカリモクおすすめの子どもが長く使える収納家具と椅子についてご紹介していきます。アレンジ次第でずっと使える家具ばかりなので、ぜひチェックしてみてくださいね。


【QS3087モデル】持ち物の変化にあわせてアレンジできるマルチシェルフ

67-3.jpg

QS3087モデルはシンプルデザインでリビングにも子ども部屋にも置きやすいマルチシェルフ。収納方法を替えていけば、大人になるまで長く使うことができます。
棚板2枚が可動式になっているので、使い方にあわせてアレンジが可能。上段の背板に使えばランドセルを置く時に便利で、仕切り板として棚の中に設置すれば、細かいものも収納しやすくなります。

また、天板として取り付けることもできるので、棚の上にものを置きたい時にも役立ちます。

75-4.jpg

さらに引き出しユニットを追加すると文房具などの細々したものをすっきり収納でき、ブックスタンド付きなので本の整頓にも便利です。
子どもの成長に伴って持ち物が変化する場合でも、使いやすいようにアレンジできますね。

ユーティリティプラスシリーズのデスクとセッティングもでき、学習机として使うことも可能。子どものライフスタイルの変化にあわせてアレンジしていける便利なシェルフです。

75-11.jpg