今年も学習家具カタログが完成しました♪

2017年8月 8日

こんにちは。
こども+インテリア担当のJです。


今年も学習家具制作担当TさんNさんの頑張りで学習家具カタログが完成しました!
私も早速カタログを見ましたが、とっても良い感じに仕上がっていましたよ♪

つくえものがたり2018_単ページ高画質_ページ_01.jpg


今年はカリモクの机をご愛用いただいているお客様の声も掲載しています。


カタログの申し込みも受け付け中で、多くのカタログ請求を頂いています。
よろしければ下記よりぜひ請求してみてくださいね。

mainGraphic_2018.jpg

★カタログ請求はこちら★

収納家具の配置から考えるインテリア

2017年8月 2日

こんにちは。
『こども+インテリア』担当のJです。


夏休みも始まり、あっという間に8月ですね。
我が家の子供達は、夏休みの宿題が、なかなか計画通りに進んで
いないようです(>_<)



お部屋のレイアウトを考えるうえで大切な事は、
 『動線計画』 ですね。


お部屋のレイアウトは、ついお気に入りのソファやテーブルから
考えがち。


でも、カリモク家具はあえて、 『収納家具の配置から考える』 
ことをおすすめします。


なぜなら、収納家具とソファやテーブルなどとの位置関係が、
お部屋の中の動線を左右するから。


そのためには、まず必要な収納家具を部屋の中に配置してから、
その空間に見合ったサイズのソファやテーブルを配置するという
順番をおすすめします。


illust_01.jpg

「家具を少なくして広々と」と思って収納家具を少なくすると、
収まりきらないモノがテーブルや床の上にあふれていきます。






illust_02.jpg

これなら収納量も収納場所も十分確保されているのでいつでもすっきり。
散らかっても短時間でサッと片付けられます。



使いたいモノを使いたい場所でサッと取り出して使い、
終わったらすぐにしまう。


これができれば頑張らなくてもすっきり片付くお部屋ができ
上がります。


そんな気持ちのよい暮らしができるために、まずは収納家具
から考えてみませんか?

こんにちは。
『こども+インテリア』担当のJです。



7月に入りもうすぐ子供たちは夏休み。
宿題をしたり、友達が遊びに来たりと家の中で過ごすことも多くなりそうですね。



いつ誰がきてもすぐに迎え入れられたり、勉強も捗るスッキリきれいなお部屋で
過ごしたいものです。


img_01.jpg


でも家で過ごす時間が多くなると、どうしてもお部屋がすぐに散らかってしまいがち。



モノを捨てられない人も、お片付けが苦手な人も、気持ちよく片付いた部屋を保てる...
その大きな鍵を握っているのが「収納」です。




散からないお部屋づくりのポイントは
使うものを使う場所で使いやすく収納すること

ポイントは3つ
①使う人と目的に合わせ使う場所の近くにまとめて収納。
例えばダイニングは食事の部屋ですが、手紙を書いたり読書をしたりと、
案外いろいろしますね。
キッチンやリビングも同じ。使う部屋で使うモノを気持ちよく出し入れ
できるよう、使う場所の近くで効率よくまとめて収納をすることで、
片付けも楽になり動線がスマートになります。

img_02.jpg




②モノの住所を決めて、あった場所に戻すことが片付けの基本。
片付けが苦手な方は、いつも「どこにしまおうか」と迷う方がほとんど。
最初から決まった収納場所に出し入れすれば、ちょっと散らかっても
サッと元の位置に戻せばOK。
上手にしまえる収納家具を選んで、家族でルールを決めれば片付け
がグンと楽になります。


img_03.jpg




③モノは無理して捨てなくていいのです!
モノを減らすのも、すっきりさせる方法ですが、モノをすっきりしまえる
よう収納力アップする工夫をすることも重要です。
モノの増加に合わせて収納家具を買い足すよりも、初めに計画的で
余裕をもった収納選びをするのが成功の秘けつです。

img_04.jpg






素敵なお部屋づくりのポイントは、収納で「魅せポイント」を作ること。

ポイントは2つ
①自分らしさを表現し、収納を楽しんでみる。
毎日眺めていたいモノ、色やテイストなどを揃えたこだわりのモノは
思い切って見せて収納する。
この場所にあるとお部屋は素敵に見えるか?幸せな気持ちになれるか?
を基準に自分らしく「飾る収納」を楽しんでみては。

img_05.jpg




②こだわりの素材選びがお部屋の印象を決める。
家具選びでは後回しになりがちな収納家具。でも実際はお部屋に占める
割合が大きく、インテリアを左右する重要なポイントになります。
統一感や重厚感を印象付ける素材にこだわったり、使いやすい機能美を
取り入れたりすると、お部屋が一層洗練されます。

img_06.jpg



ぜひ、お試しください。

こんにちは。
『こども+インテリア』担当のJです。


もうすぐ新入学の季節ですね。
今年に入ってから、また学習机のカタログ請求数が増えてきました。


今回は学習机を検討されている方必見!
「2017学習机人気ベスト3」をご紹介したいと思います。




★人気NO.1★  ボナシェルタ
シリーズ発売10周年の『ボナシェルタ』が今年もダントツの人気NO.1です。


新アイテムのミドルシェルフが登場し、デスク幅で収納力をアップできる、
こんな組み合わせもおすすめです。
bo_set30.jpg

ミドルシェルフの高さ(1166㍉)なら圧迫感も無く、リビングに置いても〇。



↓収納力がもっと欲しい方は高さ1498㍉のこちらがおすすめです。
bo_set29.jpg



関連アイテムも豊富でトータルコーディネートもバッチリ!
bo_set23.jpg



★人気NO.2★  ユーティリティプラス
シンプルなデザインと豊富なサイズバリエーションが人気。
様々な収納アイテムとの多彩なレイアウトが出来ます。


例えば・・・。
奥行45cmのコンパクトデスクとサイズぴったりの収納ラックを合わせれば、
狭いスペースでも快適な学習環境が作れます。
up_set13.jpg



奥行60㎝のデスクなら、マルチラックの背板を付け替えてデスクに横置きすれば、
デスク天板が拡張され、天板スペースを広く使う受験期でも安心です。
up_set12.jpg



収納力のあるマルチシェルフをデスクの正面に設置すれば、
デスク幅でたっぷり収納できます。
up_set9.jpg



また、デスクとマルチシェルフを組み合わせてL型レイアウトにも。
正面にモノが無いため、より集中した環境で勉強できます。
up_set11.jpg




★人気NO.3★  ピュアナチュール
ナチュラルテイストと出入りしやすいKライン脚が人気。

pu_set2.jpg



丸みが優しい木管脚が追加され、脚のデザインも2タイプから選べます。
pu_set7.jpg


↑デスク下にワゴンを設置すればすっきりコンパクトに。
デスク横に置くときは、補助天板を付けてデスクと同じ高さに。



↓こちらのワゴンは、ワゴンの上に収納されている天板を90°回転して
デスクと同じ高さにセッティング。L型デスクとしても活躍します。
pu_set5.jpg



学習机をご検討されている方はぜひ参考にしてみてくださいね。


★2017年 学習机人気ベスト5 はこちら★

リビング・ダイニングにママ&パパスペースを作ろう♪

2017年1月17日

こんにちは。
『こども+インテリア』担当のJです。


みなさまは自分用(大人用)のデスクを持っていますか?


カリモクが行った 「デスクに関する」アンケート調査 では、
デスクの利用状況は、約60%が「利用している」と回答。


性別で見ると、デスクを利用しているのは男性が65.9%、女性は51.1%。
男性の方が割合は多いですが、女性も半数以上がデスクを利用しています。


目的としては、1番目は「パソコンを置くため」で68.8%。
2番目は「自分のスペースを作るため」で43.8%。


趣味や仕事のような「作業」のためだけでなく、
家の中で「自分の場所」を作ろうとする気持ちがうかがえます。


置く場所は、女性はリビングに、男性は書斎に置く人が多くなっています。



mama_img01.jpg

リビング・ダイニングにコンパクトなデスクを置いて、ママのプライベートスペースのできあがり。

mama_img02.jpg

料理のレシピを調べたり、家計簿をつけたり、洋裁をしたりと、自分の時間を楽しむお気に入りの空間です。





work_img01.jpg

プライベートなワークスペースは、仕事も趣味も、時間を忘れて集中できる場所であってほしい。

personal_img02.jpg

シンプルデスクは大人のこだわりの道具が似合う、特別な空間づくりにフィットします。
シンプルなデスクに周辺アイテムをプラスして機能的なスペースに。


自分の部屋を持つことはなかなか難しいけど、
リビング・ダイニングに自分のスペースを作ることなら出来そうですね。

長期休みの学用品置き場どうしていますか?

2016年12月22日

こんにちは。
『こども+インテリア』担当のJです。


今年ももう残りわずかとなりました。
わが家の子ども達も明日から冬休み。


学校に置きっぱなしだった、お道具箱、ピアニカ、絵の具セット、習字道具、
工作の作品など、今週一気に持ち帰ってきました。


長期休みに増えるお子さまの学用品。どこに置いていますか?


置き場所がなくて、学習机脇の床に仕方なく置いてしまっている方も
多いのではないでしょうか。


ブログでも何度か登場していますが、
やっぱりこんな時にあると便利なのが「マルチラック」です。


★人気№1マルチラック↓↓↓★

2015_02_18_5889-thumb-400xauto-503-thumb-600x304-922.jpg


これ1台で学用品をスッキリ収納してくれます。
幅があって置き場に困りがちなピアニカも収納できるのがいいですね。

rack_img11.jpg


これから収納アイテムのご購入を検討されている方必見の
『失敗しない収納アイテム選び4つのポイント』
をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。


【ポイント①】 お子さまが使いやすい
自分でお片付けしやすいサイズ性や収納のしやすさが、
お子さまの自立につながります。


【ポイント②】 必要なものが1か所にまとめられる
必要なものを1か所にまとめることで、
勉強にすぐ取りかかれたり、忘れ物防止に。


【ポイント③】 他の家具とコーディネートできる
他の家具とカラーコーディネートができたり、
シンプルで永く使えるデザインがおすすめ。


【ポイント④】 成長に合わせて使い続けられる
小学校入学前から大人まで、収納物や収納量の変化に
対応できるものがおすすめ。



マルチラックの他にもリビング学習や、お子さまの持ち物の収納に
大活躍の収納アイテムが色々ありますので
ぜひこちらも覘いてみてくださいね。↓↓↓

★リビング収納アイテム★

こんにちは。
『こども+インテリア』担当のJです。



小学校入学時期のお子様を持つママ向けの情報雑誌
Como(コモ)「2017年新春特大号」に
ボナシェルタデスクとマルチラックが掲載されました!

como2017新春特大号_表紙.jpg



『子どもの未来をはぐくむメイドインジャパンの名品図鑑』の中で
 三越伊勢丹 ベビー子供服洋品商品部 栃谷バイヤー様の
セレクト商品として紹介して頂きました。

como2017新春特大号_図鑑.jpg


como2017新春特大号_ボナシェルタ.jpg


ボナシェルタは、

「ここ数年、学習机でダントツに人気があるのが、カリモクのボナシェルタです。
成長に応じてカスタマイズできるから、長く使えるし、コンパクトでシンプルな
デザインは、リビング学習にも向いています」(栃谷バイヤー様)

とおすすめして頂き大変嬉しいです(*^。^*)



2007年発売のボナシェルタは、10年たった今年もカリモク学習机人気№1です!
★ボナシェルタ★



また、マルチラックは、ランドセルから学習用品まで、学校で使うものはすべて
収まるラックとしておすすめして頂いています。



キャスター付で移動できるので、こちらもリビング学習にピッタリです!
★マルチラック★



最近は下記のようなボナシェルタデスクとマルチラックの組合せも人気があります。

SS0429_マルチラック+デスク組合わせPOP_プロモG.jpg

壁紙を貼ってお部屋をイメージチェンジ②♪

2016年12月 7日

こんにちは。
『こども+インテリア』担当のJです。



先回に引き続きカリモク高松ショールームの壁紙事例をご紹介をしたいと思います。



人気のリノベーションスタイルや男前スタイルには、コンクリートやレンガ柄がぴったり。
文字の入ったタイポグラフィ柄も一面だけに貼るなどすればアクセントになります。
2F-03.jpg

IMG1_2212.jpg



壁に棚を付けたり、グリーンを飾ったりしてもいいですね。
IMG_2171.JPG

IMG_2170.JPG




リビングダイニングの一部に壁紙を貼ったパターン。
石目、タイル調、木板などの自然素材柄がどんなインテリアとも合わせやすくておすすめです。
2F-04.jpg


見た目も本物そっくりのテクスチャー感のものも多く登場しています。
2F-041.jpg




壁紙に色を使う時は、一面だけアクセント的に使うとうるさくなりません。
壁紙の色を張地やクッションの色と合わせると、お部屋全体がまとまりやすいですね。
2F-08.jpg


反対側の壁は色違いで。
IMG_2181.JPG




柄物の中でも取り入れやすい、森林柄の壁紙です。
北欧テイストにもおすすめです。
2F-06.jpg

2F-061.jpg




お気に入りの柄の壁紙を選べばお部屋で過ごす時間も楽しくなりそうです。
2F-09.jpg


シックな鳥カゴ柄。
2F-091.jpg


反対側の壁紙はこんな感じ。
IMG_2193.JPG



壁紙を貼るだけで随分お部屋の雰囲気が変わります。
お近くにお越しの際は、ぜひのぞいてみてくださいね!

壁紙を貼ってお部屋をイメージチェンジ①♪

2016年11月28日

こんにちは。
『こども+インテリア』担当のJです。


皆さまのお家の壁紙はどんな壁紙ですか?


日本では白やベージュの壁紙がほとんどですが、
海外では壁はインテリア一部として捉えられていて、
昔からデザイン性の高い壁紙が多く使われてきました。


日本でも最近はリノベーションの人気や簡単に貼ることのできる壁紙の登場などで、
おしゃれな壁紙を貼る人が増えています。


壁紙はお部屋の中で占める面積が広いので、お部屋のイメージがガラッと変わります。


先月オープンしましたカリモク高松ショールームでも、様々な壁紙を取り入れています。


今回は、その中から子育てファミリーにおすすめの壁紙をご紹介したいと思います。


こちらは『こども+インテリア』のブースです。
1F-07.jpg

このダークグレーの壁紙、実は黒板壁紙なんです。
黒板壁紙はチョークで絵や文字を描いたりウォールステッカーを貼ったりと色々な使い方が出来ます。


★市販の身長計を貼ってお子様の成長を書き込んだり・・・。(※写真は静岡ショールームです。)
IMG_2501.JPG




★オープンシェルフと合わせてこんな使い方も♪
IMG_2246.JPG




★家族の伝言板にもぴったり☆
IMG_2240.JPG




★ウォールステッカーなどを貼ってオリジナル空間にしたり季節の演出も手軽に出来ます。
お子様の机があるスペースは、星柄の壁紙を使用して程よくスペースを分けています。
IMG_2245.JPG




こちらは、ロングセラーシリーズ「コロニアル」をベースに、ディズニーの世界観をプラスした
「OTONA Disney style」のブースです。

1F-10.jpg


ヴィンテージ感のあるワインボックス柄の壁紙は、インパクトがありながらも落ち着いた色合いで使いやすく、壁に貼ったヴィンテージ風ポスターや看板もしっくりなじみます。


もう一つは、空を旅しているような気分にさせてくれる気球柄の壁紙。
シックな色合いなので子供っぽくなり過ぎません。


全体的に茶系でまとまっているので、赤や黒のシート張地やインテリア雑貨が空間を引き締めてくれます。



次回も引き続きカリモク高松ショールームのトータルコーディネートブースのご紹介をしたいと思います。

もうすぐクリスマス♪

2016年11月25日

こんにちは。
『こども+インテリア』担当のJです。


ハロウィンも終わり、もうすぐクリスマスですね☆
皆様のお家では、もう飾り付けなどしましたか?


先日、12月10日にOPENするカリモク家具 静岡ショールームの飾り付けに行ってきました。


子育てインテリアブースも、ちょっとだけクリスマスの演出にしてきました。

1F-01.jpg


クリスマスの定番色といわれる緑×赤のコーディネートではなく
シルバー×グレー×白をメインにしたテーブルコーディネートにしました。


IMG_2495.JPG

食器のスノー柄やナプキンの星柄などクリスマスをイメージさせるアイテムを取り入れて。


壁面にもシルバーとゴールドの☆のガーランドを飾り付けました♪

IMG_2497.JPG




そして、やっぱり忘れてはいけないのがクリスマスツリー☆
お子様と一緒に飾り付けするのも楽しいですね。

ツリー.jpg




カリモク家具 静岡ショールームは、12月10日にオープンしますので、
お近くの方はぜひお立ち寄りください。

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

投稿者

『こども+インテリア』担当J

『こども+インテリア』担当K

『学習家具』担当N

月別の記事

リンク