もっと知りたい 家具のこと、暮らしのこと

はじめての家具選び|はじめての家具選びにはどなたも悩まれます。後のち「失敗した!」とならないためにも、まずは家具のことをいろいろ知っておきましょう。ここでは代表的な家具選びのポイントをご紹介します。

ダイニングテーブル編

テーブルの大きさについて

ゆったりと食事をするために必要なテーブルの大きさを考えてみましょう。
一人が必要とする食事のスペースは、おおよそ幅60cm、奥行40cmと言われています。
これに家族の人数をかければテーブルの大きさを算出できます。
ただ、料理内容によって必要な大きさが異なったり、食事以外の目的にも使用したりするため、スペースが許せば大きめを選びましょう。

お客様が多いご家庭の場合は、簡単な操作で広げたり縮めたりできる伸長式テーブルもおすすめです。普段は小さなサイズにしておけば、お部屋を広く使うことができます。
長方形テーブルのサイズ目安

2人用…… 幅 80〜100cm × 奥行80〜100cm
4人用…… 幅120~140cm × 奥行80~100cm
6人用…… 幅180〜200cm × 奥行80〜100cm

30~50cm 椅子に深く掛けて届く範囲/60~70cm

テーブルの形について

ダイニングテーブルは長方形が一般的ですが、他にも丸形や楕円などがあります。好みやスペースに合わせて選びましょう。

長方形

使いやすい一般的な形です。
壁付けしても使用できます。

正方形

主に2人用向けです。一人暮らしにもおすすめです。

角丸形

一般的な形でやさしい印象を持っています。角が丸いので、お子様のいるご家庭にもおすすめです。

丸形

正方形に近い部屋に向いた形です。座る人数を限定せず、みんながお互いの顔を見ることができます。

脚の形について

ダイニングテーブルは、脚の形によっても使い勝手が変わります。スペースにも関わるポイントです。

4本脚と2本脚の比較
4本脚

4隅に脚があるため安定感があります。短い辺にも椅子を入れられますが、椅子を大きく引いて出入りする必要があります。

2本脚

4隅スペースに余裕があるため出入りが楽なテーブルです。椅子を大きく引く必要がないので、スペースが限られた部屋にもおすすめです。部屋のコーナーに置いたり、重い椅子を使う時も有効です。ただ、短い辺は、足がテーブルの脚にぶつかって座りにくい場合もあります。

1本脚

天板円形タイプに多く、椅子を自由に配置することができます。

箱脚

重量感があります。脚部に収納機能があるテーブルもあります。

無垢・突板・メラミンについて

テーブルの天板には、さまざまな材が使われています。使い方によって選ぶとよいでしょう。

無垢天板

1本の木から挽き割られた材で重厚感があります。集成材という小木材をつなぎ合わせて一枚の板にしたものが主流です。巾ハギ材は、板材を縦方向に挽割って幅方向に接着した材で、集成材は木材を縦方向にジョイントした材を幅方向に並べて接着しています。

本物の無垢材は使い込むほどに味がでてきます。また修理も可能です。
突板天板

合板やパーティクルボードなどの台板の表面に、木材の薄板(突板)を貼った天板です。天然木の美しさが生かされていますが、突板の厚みは1mmにも満たないほど大変薄く、傷には注意が必要です。

天然木の風合いが生かされていて、美しい木目が楽しめます。
メラミン天板

熱・水・傷に強くお手入れもラクな天板です。小さなお子様のいるご家庭にもおすすめです。

とにかく手入れがラクなのがいい!という方におすすめです。

ダイニングテーブルの配置について

60cm~/10~50cm/60~90cm

部屋の中にダイニングテーブルを配置する場合は、テーブルの大きさだけでなく、椅子を引いたり配膳をするためのスペースとなる動作空間が必要です。この動作空間が充分に取れていないと、快適に暮らせません。この動作空間を考慮に入れたうえで、テーブルの配置を決めましょう。