国内生産


木を知るメーカーだからこそ 国内生産にこだわっています。
木を操る 高度な乾燥技術が「狂い」の少ない家具を作ります。

ぬくもりを感じる質感が魅力の木製家具も、天然素材であるがゆえに、「狂う、割れる」という性質を持っています。その原因は木材に含まれる水分。木材の乾燥をしっかりと行い、適正な含水率を確保することが重要となってきます。カリモクでは木材乾燥に、3~6ヶ月かけてじっくりと「天然乾燥」、家具に適した材とする為の「人工乾燥」、「シーズニング」など、たくさんの工程を経て、高度な温・湿度管理を行っています。

シーズニング
自然シーズニング

天然乾燥
天然乾燥

木をカタチにする 家具メーカーならではの確かな技術

カリモクは、学習家具の他にもリビングダイニングなど木製家具をトータルに開発・生産しています。書斎机を含む家具づくりによって培われた木材加工技術・研究は、この学習家具の製造にも活かされています。


自然が生み出す天然木ならではの特徴 一本一本異なる表情をお楽しみ下さい

【1】色のばらつき

【2】虎斑(とらふ)

ブナ材
ブナ材

オーク材
オーク材

】虎斑(とらふ)

同じ木材で、同じ山から取れても、木の色は少しずつ違います。こうした違いが味わいとなり、温かみをつくりだします。まさに自然が生み出すハーモニーです。

ナラ材の柾目(まさめ)面に現れる独特の模様です。古来より珍重され、銀杢(ぎんもく)とも呼ばれます。天然木ならではのもので、本物の証になります。

カリモクは(一社)日本家具産業振興会の国産家具表示認定規定に適合した家具作りを進めています。

  • 安全に使えるよう工夫と配慮をしています。
  • 合板類や塗料、接着剤はF☆☆☆☆製品を使っています。
  • 材料の木は合法木材(*)の取扱業者から仕入れています。
  • 修理にも応じています。

(*)違法伐採ではない木材

人気シリーズ「ボナシェルタ」製造工程 デスク1台を作るのに約40名のスタッフが40以上の工程を3ヶ月間かけて、丁寧に仕上げてお客様にお届けします。愛知県知多郡の東浦カリモク半田工場でボナシェルタは作られています。

6工程 木材検品木材の割れ、反りは職人が一枚、一枚チェックをして、合格したものだけを使用します。

→

9工程 木材加工シンプルな天板作りは、大きな機械と職人の目視で慎重に作業を行います。厚みも0.1ミリ単位で徹底管理。

→

3工程 乾燥/シーズニング後々、反り割れが生じないように日本の気候に合わせて屋外で乾燥させ、強制シーズニングを施し、その後、屋内にて自然シーズニングを行い、品質を安定させます。

→

13工程 木工加工精度が必要な木工加工には、先進機械を導入し、最後の調整は職人が一枚一枚丁寧に丁寧に手で仕上げていきます。
 

→

8工程 塗装塗装は、天然木の表情を生かすために、ペーパーで研磨しながら何度も何度も丁寧に塗り重ねていきます。最後に最新のデジタル計測によって色管理を徹底。色のブレを最小限に抑えます。

→

3工程 検査・梱包最後も職人の目と手で仕上がりを確認。合格したモノだけが梱包されて出荷されます。

 

ボナシェルタ製造工程

人気シリーズ「ボナシェルタ」の製造工程をご紹介。