ボナシェルタ(デスク)本体とバックパネル取り付けのご確認のお願い

ボナシェルタ「デスク本体」と、「バックパネル」の取り付けに関しまして、正しく取り付けられているか、ご確認をお願い申し上げます。

デスク本体天板とバックパネルの取り付けと共に、デスク脚部とバックパネルの取り付けが必要です。固定箇所が不十分ですと、バックパネルの転倒や破損等のおそれがありますのでご注意ください。

またバックパネル取り付け位置により、下部棚板は左右・真ん中に取り付けられますので、あわせてご確認をお願い申し上げます。取り付け方法につきましては、以下をご参照ください。

対象商品パネルAT0570モデル
対象商品パネルAT0573モデル
[対象商品] AT0570モデル
[対象商品] AT0573モデル

注意1
パネルとデスクは、天板の下(図1)のみではなく、脚のボルト穴ともしっかり固定されていますか?(図2)
固定されていないとパネルがグラグラしますので、必ず固定して下さい。
※説明図は、AT0570モデルです。AT0573モデルも固定箇所や方法は同じです。
パネルとデスクは、天板の下のみではなく、脚のボルト穴ともしっかり固定されていますか?固定されていないとパネルがグラグラしますので、必ず固定して下さい。


連結ボルト位置
パネル後(左側)に取り付け
パネル後(左側)に取り付け

3箇所どめ

パネル後(右側)に取り付け
パネル後(右側)に取り付け

3箇所どめ

パネル左右に取り付け
パネル左右に取り付け

4箇所どめ


注意2
パネルをデスクの後側(左、右)にセットされた場合、下の棚板が固定されているか確認して下さい。
※説明図は、AT0570モデルです。AT0573モデルも固定箇所や方法は同じです。


組立前の注意


組立の際は、下記のように下棚板を外して下さい。
組立の際は、下記のように下棚板を外して下さい。


下棚の取り付け


パネルの下部には下棚板を取り付けるための穴が3つ並んで空いています。
この穴を利用して、再度下棚板を取り付けます。
パネルの下部には下棚板を取り付けるための穴が3つ並んで空いています。この穴を利用して、再度下棚板を取り付けます。

下棚板設置位置 ※説明画像はAT0570モデルです。AT0573モデルも固定箇所や方法は同じです。
パネル後(左側)設置の場合
パネル後(左)設置の場合
上図のように3つの穴の一番右側を使い、棚をパネルの右寄りに取付けます。

上図のように3つの穴の一番右側を使い、棚をパネルの右寄りに取付けます。

パネル後(右側)設置の場合
パネル後(右)設置の場合
上図のように3つの穴の一番左側を使い、棚をパネルの左寄りに取付けます。

上図のように3つの穴の一番左側を使い、棚をパネルの左寄りに取付けます。

パネル横設置の場合
パネル横設置の場合
上図のように3つの穴の中央を使い、棚をパネルの真ん中に取付けます。

上図のように3つの穴の中央を使い、棚をパネルの真ん中に取付けます。


うまく取付けられない場合は…

・脚のボルト穴のキャップが付いたままになっていませんか?
・パネルを取り付けるためのボルト穴が付いた脚は4本中2本です。
このボルト穴付き脚がパネルと接するように天板と組みつけられていますか?

詳細は組立説明書をご覧ください。

組立説明書