よくある質問

食堂椅子・食堂テーブル

食堂テーブルを使うとき、注意したほうがいいことは何でしょう?

1. メラニン化粧板を表面材に貼ったテーブルは熱に強いといわれていますが、なべややかんなど熱いものを直に置くのはやめてください。天板を接着している接着剤は熱に弱く、はがれの原因になります。また、新聞や雑誌を敷物にしないでください。新聞や雑誌のインクには樹脂系の油やカーボンが使われており、これが熱によって溶け、天板表面に紙が貼りつき、取れなくなってしまいます。突板やムク板の場合はもっと悪い状態になります。専用の敷物をご使用ください。


2. 脚部の取り付けはほとんどのテーブルがネジ締めになっています。使用中にぐらついてきた場合はこのネジがゆるんでいますので、ときどき締めつけてご使用下さい。


3. テーブルの表面は塗装されているものが多く、一般的にキズのつきやすいものが多いので、食事のときにテーブルクロスやランチョンマット等の敷物をご利用ください。


4. 天板の上に、熱い物や底のザラついた物を直接置くと、塗装面の変色やキズの原因になります。また、ビニールやガラスを長時間、直に載せておくのも塗膜や木部によくありません。
5. 天板の上に立ち上がったり、腰掛けたりしないでください。転倒し、ケガや破損の原因になります。
6. 引き出しを引き出した状態で、上から押さえたり、重いものを載せたりしないでください。転倒や破損の原因になります。
7. 欠けたり、キズの入ったガラスは強度が低下し、破損したりケガをする恐れがあります。販売店までご相談ください。
8. キャスターや折りたたみ金具など、可動部のすき間に手や指を入れないでください。
天板に銅皿を備えた「いろり風」商品で調理器具を使用する時は、必ず器具を銅皿の中央に置いて、木部との距離を保ってください。また、銅皿より大きな鍋は使用しないでください。火災や木部の変色、変形の原因になります。銅皿に直接、火種[炭・灰など]を入れるのは絶対にやめてください。

よくある質問に関するお問い合わせ

カリモク家具 お客様相談室 月~金 9:00~17:00(祝日を除く)
フリーダイヤル0120-02-3914(サンキュー椅子)  Eメール okyakusamahonbu@karimoku.co.jp