キッズデザイン賞 受賞の最近の記事

こんにちは。カタログ制作者Nです。

今回のお宅訪問は、ダイニング編です。(H邸)

 

このダイニングは昨年の6月に発表されて、人気上昇中!

【ずっとサポートファミリー】の考え方が評価された2009年キッズデザイン賞を

受賞した商品です!

 

IMG_9999.jpg  IMG_9999_5.jpg

↑(写真左)キッチン側から全体カット。(写真右)テーブル横のオプションラック

(ST0575)は、奥様の収納スペースとして活用。ボックスを利用してすっきりと。

 

IMG_9999_15.jpg   IMG_9999_8.jpg

↑(写真左)リビング側から全体カット。(写真右)もう片方のオプションラック(ST0579)

の上にはノートパソコンを!下スペースには、新聞と雑誌がを収納。

 

奥様にこのダイニングセットを選ばれた理由をお尋ねしたところ、

本社ショールームに見に行ったら、(椅子以外は)まさにこのままのセットで展示されていて、

 

1:ダイニング周りの収納に困っていた。

2:ノートパソコンの設置場所に困っていた。

3:お子様がお絵書きできる環境があると便利。

4:ダイニングテーブルを壁付けして使い勝手の良いもの。

 

の4点から、このダイニングセットに決めて頂いたそうです。

 

IMG_9999_2.jpg  

パネルには、写真立てや時計、ティッシュボックスなどダイニング周りに

置きたいけど、置き場所に困ってしまうものを上手く設置されていました。

 

IMG_9999_16.jpg

そして、ボナシェルタのデスクにもセッティング可能な引き出し(大)も!

お絵書きセットが入っていて、今年3歳になる娘さんが、頻繁にお絵書きを

されているそうです。

(ちなみに上で紹介したラックやパネルも、ボナシェルタデスクに

セッティング可能です)

 

納品して間もないのに突如の電話~訪問・取材・・・。

ご迷惑をお掛けしたのにも関わらず、快く取材にご対応頂きまして感謝・感謝

の気持ちでいっぱいです。

H様、本当にありがとうございました。

 

※写真の子供椅子は、当社商品ではありません。

※写真の食堂椅子は、販売終了商品です。 

 

【カタログ制作者 N】

以前ご紹介しましたが、「ボナシェルタ」シリーズのダイニングを使った

新提案「ずっとサポートファミリー」が第3回のキッズデザイン賞に選ばれました。

 

8月6日から9日まで、東京の青山で受賞作品を一同に集めた展示会「キッズデザイン博」が

開催されていましたので、勉強をかねて見に行ってきました。

 

地下鉄の外苑前駅を出ると、いつもより人の数が多いように感じ、「さすが」と思っていたら

実は、当日花火大会が開催されるようで、その影響もあったようです。

IMGP4760.JPG

 

残念ながら、会場内の写真はNGのようで、お見せすることはできませんが、各企業が子供

の目線で、安心・安全を追求した商品を展示していました。

学習家具もそうですが、意外と子供の使いやすさを忘れがちであるという点を再認識できた

のが収穫でした。

大人がデザインするものは、どうしてもスタンスが大人の感覚になってしまうのです。

 

振り返れば、私自身も開発に携わるようになって6年目を迎えますが、初めの頃は、よく

子供部屋を覗きに行ったものです。そうすると、改めて気づく点がたくさんあった事を今でも

よく覚えています。

 

 

◆ここで、すでに学習デスクを購入している皆さんに質問です!

 

【質問】:「お子様のデスクチェアーの座面の高さを変更したことがありますか?」

 

実際によくママたちに聞く質問なのですが、答えは意外と「NO」という方が多いのです。

子供は「ママ、この椅子の高さ、ぼくにあってない・・」とは、決して言ってくれません。

しかも、こうした状況が続けば、姿勢も悪くなる可能性が高くなります。

お子様のプライベートも大切ですが、ぜひとも我が子の成長を確かめるために、定期的に

子供部屋を覗いてあげてください。

 

【開発担当者 N】

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

リンク